成人病 生活習慣病

労働時間とうつ病

長時間労働とうつ病に関する英国の研究の記事。

私もうつ病で悩んだ経験があります。

2泊3日の徹夜をしたり、毎日11時間以上の労働と休みなしという仕事もしたことがあります。

しかし、長時間労働したとか一切睡眠を取らずに働いたからうつ病になったと私には思えないです。

長時間労働をすることは仕事と家族の板挟みをもたらし、それによりストレスホルモン濃度が高い状態となる。

それがうつ病の原因だと研究では報告しているようですが、、、。

私の整体(療法)での経験と私自身の経験からしますと、板挟みになることはある種の力が自身の身体の中で発生していることが大きな原因であると思います。

長時間労働をするということを、しなければならない・ねばならない・強制されている・強いられていると感じている、英語で言うとことろのマストの状態を継続していることですね。

神経で言うならば、交感神経が絶えず働き、興奮状態を無理矢理生み出しているとも言えます。

それが、家族との関係も絡んでくるならば、なおさら辛い。

ある種のマストの状態、強いられていると感じているならば、長時間労働でなくとも拒否したい思いが出ますが、仕方がないと自身に無理矢理の力を加える。

継続して力を加えているうちに、結果、元にどれない状態に陥る。

それは、ホルモンという面から見れば、ストレスホルモン濃度が高い状態にもなるし、自身のねばならないという思いの力で脳そのものに力をかけ続けた状態になる。

それが、うつ病という症状を引き起こす。

ゆううつと言う言葉は何となく気持ちの沈んだ状態を表現しますが、沈んだ状態とは肉体で言うならば脳そのものが沈んだ状態を表していると言っても過言ではないでしょう。

対策としては、長時間労働をできる限り減らすか、ストレスホルモン濃度が高い状態を減らすということになりますね。

具体的には、前者は会社の労使関係の改善と職場での人間関係の改善、後者は薬ということになります。

薬は依存性を身体に生み出す可能性が高いのでオススメではない。

労働時間や人間関係は、個人ではどうすることもできないところがありますので、社会全体で取り組むべきことだと思います。

個人で改善したいと思われる方、ナルサワ自然療法院はしっかりと健康回復のお手伝いを致します。

糖尿病 血糖値

糖尿病の症状にはどんなものがある?

病気の中には、特徴的な症状を持っているものもあれば、ほとんど症状がなく進行してしまうものがあります。

成人病の代表的な病気、糖尿病に関して言えば、特徴的な症状を持っている病気の代表ではないでしょうか?

糖尿病の症状の一つとして、「のどが渇く」ということが挙げられます。

通常、糖尿病の場合、血液中の糖濃度を下げるインスリンというホルモンが足りない(または、出ていても、働きが弱い)ことにより血糖値が高い状態が続くことで病気になるとされています。

糖尿病になると、血液中の糖濃度が高い状態が続きますので、体は血液中の糖濃度を下げるために大量の水を摂取して下げようとします。

それが、「のどが渇く」とう言うような症状となってあらわれます。

たくさんの水分を摂るわけですから、必然的に大量の尿を排出することになります。

血糖値が下がらなければ、いくら水を摂ったとしても尿として出るだけなので、インスリンの働きや量は改善されてはいません。

その他の症状としまして、「体がだるい」「疲れやすい」 といった症状も出てきます。

尿の排出は、糖のみならず、細胞や筋肉の働きと関係の深い塩分、ミネラルも一緒に排出されます。

また、 糖尿病の初期症状としまして、一時的にインスリンが過剰に出る時期があることが分かっていまして、食欲が旺盛になることがあります。

急に食欲が旺盛になるということも、ある面、糖尿病の症状の一つと捉えることも出来るかもしれません。

しかし、このような症状が必ず出ると言うわけではありません。

むしろ、初期の糖尿病は無症状だと考えるほうが良いです。

それ故に、病院であなたは糖尿病といわれて驚く人は多いのです。

重度の糖尿病だとしても、自覚症状が無いことが多いため、自分は大丈夫と安心している人が多いです。

糖尿病は、病気が始まって5〜7年ぐらいの年月が経ってからいろいろな症状、先の「のどが渇く」「体がだるい」「疲れやすい」 と言った症状を引き起こします。

もし症状に思いあたる点がありましたら、自身の健康チェックをおこなうことが大事ですね。

年一回の健康診断、人間ドックなどでの検診を怠らないようにすることも大切です。

健康は失ってから、その大切さが分かるというものです。

常日頃から身体の健康を気遣いながら、正しい食生活を送りたいものです。



糖尿病 血糖値

食事療法と糖尿病

糖尿病と言えば、生活習慣病として誰もが知っている病気です。

生活習慣病の多くが食事内容に関係していることが多いため、毎日たべている食事内容がどうであるかを見直す必要があります。

ですから、健康診断等で糖尿病と診断されて場合には、必ずと言って良いほど食事内容の改善である食事療法をすすめられます。

しかし、食事内容の改善と言っても日常の生活強度を無視した内容に変更するものではありません。

肉体労働が主な仕事である場合、当然自分にあった分量の食事があるわけでして、それを前提にして必要とするすべての栄養素をとるように工夫する必要があります。

食事療法というと、辛いイメージをもたれるかも知れません。

食事療法の基本は栄養素のバランスを考えて行うものが多いですから、家族と別内容というわけではありません。

自分の状況をよく鑑みて適度な量を家族と一緒に食べる工夫が必要ということです。

1日に食べる食事量のエネルギーについて、お医者さんから指示を受けて食事療法を勧めることになると思います。

基本的には<総エネルギー量 = 標準体重 × 仕事別消費カロリー>です。

エネルギー量の計算は、80kcalを1単位として計算する方法が簡単で一般的といえます。

下記のような糖尿病食事療法の書籍を参考にするとよいでしょう。


糖尿病食を発売している企業があります。

誰でも知っている企業のニチレイフーズの「糖尿病食 21食セット」などは、糖尿病の特別用途食品として厚生労働省に認可されていますね。

このような食品を活用されるのも良いですね。

例えば、おでん・白身魚の煮付け・肉じゃが・豚肉のしょうが煮・いか団子のあんかけ・チキンカレーセットなどといった全21食の糖尿病食がセットになっていたりします。

1食分に関しての栄養計算はしっかりとなされているメニューです。

手軽なレトルト食品でおいしくてヘルシーではありますが、新鮮さが欠けているのが難点でしょうか。

その他でも糖尿病食として、いくつかのメニューが販売されていますが、糖尿病食事療法のための食品交換表第6版等の書籍を参考にしていろいろ工夫してみるのもよいでしょう。

糖尿病の原因は様々ではありますが、その原因の一つに食事が関わっていることは確かでしょう。

普段の心がけ次第で避けれるのも、また生活習慣病と言われる糖尿病でもあるということです。



糖尿病 血糖値

糖尿病について、よく理解しましょう。

糖尿病に関してのデータとしまして、下記のようなものがあります。

日本国内の患者数は、40年前では約3万人でしたが、現在では700万人程度になるそうです。(厚生労働省2006年11月時の調査データ)

糖尿病の予備軍となりますと2000万人に上るとあり、今後更に増える傾向にあるそうです。

糖尿病の原因としましては、自己免疫の異常が重要な要因の一つとして上げられているそうですが、自己免疫の異常が起こる原因は、やはり食生活とストレスによるのではないでしょうか?

糖尿病とは、糖代謝の異常によって起こるとされていてます。

血液中のブドウ糖濃度が急激に高まる、すなわち血糖値の上昇により、いろいろな合併症を引き起こす大変に危険な病気なのです。

糖尿病の名前の由来は、尿中にブドウ糖が漏出し尿が甘くなる(尿糖)と言う症状が現れるので付けられたようです。

この症状は、一定以上の高血糖の場合に現われるのですが、そのような症状が現れるようであれば、かなり糖尿病が進んでいるとも言えます。

糖尿病と一口に言っても、いくつかのタイプがあります。

1型糖尿病、2型糖尿病、遺伝子異常、他の病気に投与される薬剤の副作用的なもの、妊娠糖尿病に、分類されています。

1型糖尿病は、膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊されることで、身体の中のインスリンの量が絶対的に不足することにより発症します。

多くは、子供のうちに始まり、小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病などと呼ばれていました。

2型糖尿病は、インスリンの出る量が少なくなって起こるものです。

肝臓や筋肉などの細胞が、インスリンの働きの悪化により、細胞の中にうまくブドウ糖が取り入れられなくなることによって、起こるものです。

原因としては、食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多いようです。

食生活が、和食から洋食系の油の多い食事をするようになったことが第一原因ではないでしょうか?

日本の糖尿病の95%以上は、この2型糖尿病のタイプだそうです。

1型糖尿病、2型糖尿病以外の糖尿病は、遺伝子の異常やほかの病気が原因となることが多いです。

例えば、遺伝子の異常、肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などが原因となって、糖尿病が引き起こされるようです。

また、薬剤が原因となる場合もあるのが、糖尿病の怖いところでもあります。

妊娠糖尿病は、妊娠中に発見された糖尿病のことで、新生児に合併症が出ることもあり、妊娠中の食事の偏りが原因だったりします。



頭痛 解消

偏頭痛でお悩みの方、頭痛外来へ行かれてみては?

偏頭痛になる人が、最近特に増えているようですね。

はっきりとした原因と言うのは、分からないようなので、お医者さんの診断では自律神経の働きが悪いからなのでしょうと言われる方が圧倒的なようです。

私もその一人で、以前は左側だったのですが。最近は特に右側がずきずきすることが多くなりました。

偏頭痛だと思っている人の多くは、頭は確かに痛いのですが、病院へ行って診察を受けるほどでもないし、大概は市販の頭痛薬を飲んで、しばらくしたらそのうちに納まるだろうと考えて、そのままにしがちではありました。

しかし、いわゆる偏頭痛などの慢性の頭痛というのは、3,4人に1人は悩んでいると言われていて、自分の偏頭痛の症状をしっかりと聞いて、治療をしてくれる病院があれば是非診ていただきたいという方もかなりいらっしゃったのです。

そういった患者さんの願望も多かったのですが、一般の医療機関では、「命に関わるような異常がなければいいだろう」と安易に考えがちではあったのです。

最近、そういった安易な考え方から脱却して、偏頭痛のような頭痛でも診察・治療する「頭痛外来」が、増えてきてるようなのです。

単なる頭痛だからと簡単に考えるのではなく、頭痛の原因には深いものがあると医療機関でも考えるようになって来ているようでもあるのです。

そう言った意味では、「頭痛外来」を設置することはとてもよいことだと思います。

「頭痛外来」の良い点は、どんな患者でも頭痛に関することではしっかりと診察を行い、頭痛が無くなるような治療をするという方針で行うというところでしょう。

頭痛の初診時に30分以上を診断で使い、頭痛の症状を詳しく聞くという方法をとるなど、安易な考えをしてないところが、たいへん良いと言えます。

全国平均で見ますと、「頭痛外来」の受診者のうち、偏頭痛患者は3割ほどのようです。

従来の頭痛の診断ですと、頭痛の原因にくも膜下出血などの可能性があるため、その可能性を検査する必要はありますが、その検査で異常が無ければ、それ以上治療をすることは、多くは無かったようなのです。

「頭痛外来」は、そういった患者に対しても、治療を行うことを目的にしているため、単に頭痛がするという方でも、気軽に受診することをお勧めしたいです。

また、偏頭痛の予防薬や治療薬も登場するようになってきてたことも大変よく、患者の選択肢が増えたことは喜ばしいことです。

「頭痛外来」での対応も一般的に知られるようになってきていますので、更に頭痛の原因改善が進むのではないでしょうか?

「頭痛外来」はどこにでも設置されていると言うわけではないのが残念ではあります。

しかし、治療方針を主治医に紹介するなどの対応もされており、「頭痛外来」も一般的に認められて、その有用性がより認知されるならば、今後更に「頭痛外来」を設置するところが増えていくのではないでしょうか?

頭痛でお悩みの方は、是非、「頭痛外来」へどうぞ。



頭痛 解消

緊張型頭痛の治療と対策はどんなもの

緊張すると、頭が痛くなるという人は以外と多いのではないかと思います。

緊張すると心臓がどきどきして、血液の流れも速くなり、血圧が上がり、血管が通常以上に膨らみ、神経にさわり頭痛を起こすことがあるのですが、これがいわゆる緊張型頭痛の一つの原因になっているようです。

それで、緊張型頭痛に対する治療対策ということですが、これには大きく分けて3つの方法があるようです。

まず緊張型頭痛の原因は、ストレスからが直接の原因となることが多いのですが、そのストレスを認めない人が多いようです。

ですから、緊張型頭痛の治療と対策においてのスタートは、その原因を自分自身で認めることだと言えます。

自分が持つストレスの原因を見つけ出し、具体的にどう対策するかを検討するとか、ストレスを如何に発散させるかが、緊張型頭痛の治療と対策のポイントと言うわけです。

例えば、気晴らしの散歩や筋肉をほぐすとかのリラックスする運動をするとか、精神的・身体的ストレスを取り除いていくことが治療において、とても大切になるわけです。

一方、身体的ストレスによる緊張型頭痛の場合には、長時間同じ姿勢を続けないようにすることや、姿勢をコントロールすることが治療のポイントになります。

身体的ストレスを解消するために、自身の姿勢をコントロールすることで、緊張型頭痛の治療と対策へとつなげていくものです。

最後に、緊張型頭痛の治療と対策において、上記の2通りの対策でも不十分であるならば、薬物療法ということになります。

薬物治療の目的は、頭痛を直接治療するものではなく、精神的なストレス・身体的ストレスを解消するところにあるので、いわゆる頭痛薬を使うものではないと言うことです。

緊張型頭痛の治療と対策で大切なことは、自分自身でストレスなどを低減していくことであり、発散していく努力も必要ではあります。

ただし焦りは禁物で、ゆっくりと時間をかけながら進めていくようにしましょう。

月並みな感じではありますが、何も考えずにゆっくりと休憩を取ることも有効な対策の一つでもあります。

緊張型頭痛は、精神的なストレス・身体的ストレスが原因であることをしっかりと理解し、対策を立てれば十分に治るものだと、まず認識しましょう。

大丈夫です。



頭痛 解消

緊張型頭痛はストレスによるもの

頭痛の原因としては、いろいろなものがあるのですが、緊張によるものは、以外と多いかもしれないです。

私も頭痛もちで、かつあがり症なのですが、非常に緊張した時などは、結構、頭痛が起きることが多いです。

特に緊張が解けた時くらいから頭痛がはじまることが多いので、この頭痛は緊張型頭痛だと言えると思います。

緊張型頭痛の原因症状について、少し調べてみました。

緊張型頭痛は、身体的ストレス・精神的ストレスなどが原因であると言われていて、症状としては、女性に多く発症する傾向が多く、頭を取り巻くように、はちまき状に痛むことが多いようです。

頭痛の症状は、ちょうど頭にはちまきをして、それが締まるような感じの痛みと言えますね。

緊張型頭痛の原因は、緊張から来るストレスが頭部や側頭部に異常な筋収縮をもたらすことが原因なのだそうです。

また、身体的ストレスによる緊張型頭痛の原因の一つが、無理な姿勢や合わないマクラによるものです。

PCの長時間作業をすることによる目の酷使が、眼や肩にストレスが集中することで、肩こりや血行不良が生じ、更に筋肉疲労の乳酸などがたまって頭痛を招くような場合も、緊張型頭痛の一つです。

精神的ストレスによる緊張型頭痛の原因と症状としては、心配事や不安、悩みなどを極度に抱えることで、自律神経がうまく機能しなくなり、筋肉が緊張していなくても、緊張した状態を引き起こしたりして、頭痛になると考えられています。

この精神的ストレスによる緊張型頭痛なのですが、本人の性格にも左右されることが多く、几帳面で律儀な人であったり、きまじめな人ほどこの頭痛が現れやすいと言われています。

これらの緊張型頭痛の原因と症状は、主に女性に多く発症して、困ったことに数日間持続したりすることです。

緊張型頭痛の特徴として、徐々に原因が進行していき、典型的な頭を取り巻くはちまき状に痛みが出て来るところです。

これらの緊張型頭痛の原因と症状の大きな問題点は、ストレスとなっている原因が、なかなか明確にならないことにより、診断や治療が難しいことであります。

緊張型頭痛の対策の基本は、まずストレスを溜めない生活をすることであり、ストレスを発散するような適度な運動をしたりすることが、効果的なようです。

ストレス社会であるといわれる今日、ストレスを感じないで生活することは、大変に難しいですから、ストレスをいかに発散するかが緊張型頭痛を軽減する鍵となると言えます。

心から楽しめる趣味を持つこともストレス発散に役立つことでしょう。



頭痛 解消

群発頭痛の治療と対策は?

頭痛って、本当に嫌なものですよね。

私は、頭痛が始まると、バッファリンを良く飲むのですが、やはり癖になるのが怖くて、我慢する時もあります。

我慢できないような痛みの時や、いくら時間がたっても治らない時は、薬に頼るようにしているのです。

以前、頭痛がきついので薬を飲んだのですが、薬が効かなくて、そのうち気持ちが悪くなり、寝込んでしまったことがありましたが、ホント怖い思いをしました。

今回、頭痛に関して調べたことですが、群発頭痛の治療対策です。

群発頭痛と言うのは、頭痛の中でも主に三大痛と呼ばれる激しい痛みがあり、発作が治まると嘘のように治ることから、お医者さんの診断も難しいのだそうです。

基本的に、群発頭痛の治療薬としては、トリプタン系の薬が使用されるのだそうです。

ただし、トリプタン系の薬の作用は個人差が大きいようで、必ず医師の診断を受けてから、服用する必要があるそうです。

バッファリンなどの市販薬とは、だいぶ違うものなんですね。

症状によっては、群発頭痛の治療と対策として酒石酸エルゴタミンを使用する場合もあるようです。

しかし、注意しなければいけないことは、トリプタン系と酒石酸エルゴタミンの併用は禁止となっていることです。

もし使う場合でも、薬を飲む間隔として最低24時間は空けないといけないのだそうです。

通常の市販薬ですと、薬を飲む間隔としては4時間以上が多いですが、やはり特別な薬であると言うことですね。

群発頭痛の治療と対策で主に医者から頂くトリプタン系の薬の注意点としては、40歳以上の男性、閉経後の女性、心疾患の危険因子を持つ患者には、慎重な対処が必要とされていることです。

海外での群発頭痛の治療と対策は、トリプタン系の薬剤の自己注射が多いです。

最近まで日本では自己注射が認められていませんでしたから、即効性の治療が難しかったようです。

しかし、今は認められるようになりましたから、自己注射での群発頭痛の治療と対策が可能となり、非常に助かるようになったといえます。

群発頭痛は三大痛といわれるほどの激痛をもたらしますから、治療薬を使用する際には、十分慎重に行う必要があります。

また、群発頭痛の治療に対して、トリプタン系の薬の他には、ブレドニンやデカドロンなどのステロイド療法もあります。

これらの方法の場合、副作用としてのリバウンドもあるので、注意する必要があります。

群発頭痛が頻繁にある場合ですと、「慢性の群発頭痛」になることもあるので、非常に怖い面があります。

この慢性の群発頭痛の場合、薬を服用しても、完全に取れると言うものではなく、常に痛みが頭に残りますので、耐え難いものであると言われています。

群発頭痛の痛みは激痛ですから、群発頭痛の治療と対策は慎重に行うべきでしょう。

ただ、注意していただきたいのは、激痛から薬の多用による、依存症が考えられます。

群発頭痛の治療と対策は、医師としっかりと相談しながら慎重に行いましょう。

頭痛持ちの方の中には、検査や医師の診断を受けても原因が判らないと言うものもあります。

私が最近、受けている治療は、バランス活性療法による整体の治療ですが、かなりすっきりします。

薬とかを使わないので、依存症のような副作用もなく、治療を受けるようになってからは、頭痛の回数が減っていますね。



頭痛 解消

頭痛の中でも群発頭痛は、本当につらいです

頭痛と言うのは、本当に困りもので、大概の人が何の前触れも無く頭痛がやってきて、1,2時間はそれに悩まされることが多いと思います。

私自身、頭がすっきりした状態の日というのは、一ヶ月のうちにそう何日もあるわけではありません。

頭痛が無く、いつもすっきりした頭の状態であるならば、最高です。

そんな困った頭痛の中でも、特に辛い頭痛として群発頭痛があげあられます。

群発頭痛の原因はまだまだ明らかになっていないようですが、一般には頭部の血管の拡張が関わっているのではないかと考えられているようです。

飛行機の着陸時に耳をふさいでいたら、この痛みが出たというケースもあるようなので、気圧の関係もあるかもしれません。

群発頭痛の症状としては、1年〜4年に1度、1〜3ヶ月に渡る「群発期」に毎日のように発症するようになるので、ある程度の期間継続する痛みのようです。

群発頭痛の特に困った点は、頭痛の中でも群を抜いた痛みであり、痛みの辛さとしては、お産などよりも痛いとされています。

群発頭痛の痛みは、心筋梗塞・尿管結石と並んで生きている内に味わえる三大痛の一つとされているようで、別名「自殺頭痛」とまで呼ばれているのです。

群発頭痛の原因と症状の特徴的と言えるのは、眼の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすのが原因と言われていて、眼の奥の痛みをかなり自覚するのだそうです。

また、この血管を取り巻いている自律神経は、涙腺の働きや瞳孔の大きさをコントロールしているため、涙・鼻水が出たり、瞳孔が小さくなるという症状もかなり見られるようなのです。

群発頭痛を発症を男女で比較してみますと、男性が15〜18%と多く女性は6%程度だと言われています。

男女に差がある理由は、まだ分かっていません。

この群発頭痛の症状で特に特徴的だと思えるのが、群発期に時間も含めて定期的に発症すること、発症する時間が10分〜1時間程度で、まれには数時間ということもあること、痛みが激しいこともあり、横になっていることができずに動き回ってしまうこと、などの症状があることです。

また群発頭痛の特徴的な症状として、群発期を過ぎると嘘のように痛みが無くなるのだそうです。

更に、群発頭痛の原因からみますと、群発期にアルコールの摂取が群発頭痛を誘発する可能性が高い為、群発期にはアルコールの摂取は控えた方がよいようです。

群発頭痛の原因にアルコールが関わっていることは、否定できない面もあるように感じられます。

身体のことを良く考慮して、健康的な毎日を過ごしたいものです。



頭痛 解消

偏頭痛の治療と対策について

偏頭痛で悩まされる人は、本当に多いですが、筆者の私も偏頭痛もちで、大変に困る思いがします。

前触れらしきものは特に無いですが、しいてあげれば、何か顔の左半分が引っ張られるようになることが多いです。

時には、朝、目覚めた時から頭痛に悩まされることは、しょっちゅうありますが、、、

それで、偏頭痛の治療対策について、少し調べてみました。

偏頭痛の治療と対策としては、原因を取り除く根本療法と、痛みをとりあえず取り除く対処療法の2つに分かれるようです。

偏頭痛と言われる頭痛は、血管壁にある神経が何かしらの刺激を受けるとか、血管周囲の三叉神経が刺激されることによって発症するのだそうです。

その他の原因としまして、血液濃度の上昇や、血管周囲に起こる炎症などだそうです。

しかし、偏頭痛を起こす原因の多くは、ストレス・「自律神経の乱れ・。ホルモンバランスの変化、アルコールや食品の摂取、気候変動・睡眠不足や寝過ぎ、体質遺伝などによるものだそうです。

それで、偏頭痛の治療と対策なのですが、対症療法としては薬によって頭痛を治める方法がまずありますね。

一般的に使われる薬は、エルゴタミン製剤というもので、偏頭痛の前兆発症時や頭痛が始まってすぐに服用することが必要とするものです。

ただし、注意しなくてはいけないのですが、狭心症・心筋梗塞や高血圧の方、妊娠中・授乳中の女性は服用できないことになっています。

偏頭痛が発症した際には、薬を服用した後も含めて光や音の茂樹を避けて、静かな暗い場所で横になって休むことが大切なのだそうです。

偏頭痛の治療と対策は、一般的な薬の服用と安静にすることで治せるだろうと思われがちですが、油断は禁物なのです。

偏頭痛で薬を使いすぎると返って症状を重くすることがあるようですから、やはり病院でしっかりとした診断を受けるべきだと思います。

病院の医師でもよく話を聞いてくれる医師を選ぶようにした方が良いです。

人によって偏頭痛の症状は、多様であり、また、インフォームドコンセンスがしっかりとしている医師であれば、とても安心できるからです。

だいたいの病院においての偏頭痛の頭痛抑制治療は、頭痛の発作が現れたときに対症する方法となります。

これに加えて、偏頭痛の頭痛を出にくくする治療薬があり、頭痛予防治療と言います。

偏頭痛の頭痛予防薬として使われるもので、日本の保険対象になっているのは、塩酸ロメリジンと言う成分があり、効果も十分確かなもののようです。



  1 2 3 4  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。