病気の克服は普段の心がけ > 成人病 生活習慣病 > 成人病とは生活習慣病である。

成人病 生活習慣病

成人病とは生活習慣病である。

成人病と言う言葉は良く耳にしますが、実際に成人病としてどんなものがあるのでしょうか?
成人病と言う病気はありませんので、簡単に言えば、成人がなる病気と言うことになるのですが、成人病という呼び方、そして捉え方は、「主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め、40〜60歳くらいの働き盛りに多い疾病」として、行政的に提唱されたものが成人病と言うことですね。

[がん],[脳卒中],[心臓病]は「3大成人病」とされ、集団検診による早期発見、早期治療の体制が、厚生省を中心とした医療機関で進められました。

一般的に言えば、中高年がかかりやすい病気として考えられたために、成人病(せいじんびょう)と呼ばれたと言うわけですね。

しかし、近年の食生活や生活習慣の変化は、厚生省が想定していない子どもが、成人病の一つと言われている糖尿病を発症するというようなケースも出てきました。

そのような、残念ながら“子どもの成人病”が年々増加傾向にあることから、病気の原因には、年齢を問わず、日常の運動不足や偏食などによる生活習慣の影響が大きいことが判明してきたのです。

そこで、1996年(平成8年)、厚生大臣の諮問機関である公衆衛生審議会「成人病難病対策部会」は、従来の「成人病」に代わる名称として、「生活習慣病」を導入することを具申し、これにより「成人病」から「生活習慣病」へと名称変更が決定され、一般に定着した呼称となりました。

「生活習慣病」の定義をご存知でしょうか?
「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と言うのがその定義となっています。

「生活習慣病」と改められた理由としては、いわゆる成人病などと言われている病気の原因を作らぬよう、日頃の生活習慣を見直し、予防・改善していきましょうと言うことで、これらの啓蒙の意味合いも含まれているということなのです。

成人病が必ずしも成人の不摂生からなるばかりでなく、根底にあることが成人に関わらず食生活の偏食、運動不足などによるもので、老若男女だれでもその可能性があり、生活習慣病として更に拡大解釈したものですね。
生活習慣病は欧米では大きな問題となっていて、日本においても食生活などの欧米化は顕著であり、大きな問題となっています。

<<本ウェブサイトのプライバシーポリシー | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 成人病センターの設立は県立、市立、医師会など様々>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。