病気の克服は普段の心がけ > 成人病 生活習慣病 > 三大成人病予防は、正しい食生活、ストレスを溜めないこと

成人病 生活習慣病

三大成人病予防は、正しい食生活、ストレスを溜めないこと

最近、生活習慣病に関わるTV番組が多く放送されるようになりました。
特に、メタボリック症候群についていろいろな警告がなされていますが、このメタボリック症候群が即、死につながると言うわけではなくて、成人病、即ち生活習慣病につながることを警告しているわけなんですね。

ところで、この成人病と言われる中でも<三大成人病>というのは、「脳卒中」、「がん」、「心臓病」のことで、どれも死に直結すると言っても過言ではない恐ろしい病気ですね。

およそ40歳前後から死亡率が高くなり、しかも疾病による全死因の中でも上位を占める疾病のことで、要注意の疾病なのです。

ちょうど40歳〜60歳くらいの働き盛りに多い疾病で、メタボリック症候群とも重なる年齢層ともいえます。

現在は、成人病から生活習慣病という表現へと変わってきています。

三大成人病という表現を使っていると言えば、保険会社のプランや、広告等で見かけるくらいではないでしょうか。

三大成人病の一つである「脳卒中」は、脳血管障害の総称のことで、動脈硬化などで血管がつまって脳の血管が破れたり、脳の細胞が死んでしまう疾病で、運良く死に至らなくとも後遺症が残り、生活に大きな支障をきたします。
生活の支障としては、言語や体に麻痺が残ったりしますので、自分自身も大変ですが、周りの人も大変な生活環境となります。

また、三大成人病の一つ、「がん」の発生に関する影響する環境の要因としては、不規則な食事→喫煙→職業性ストレス→環境汚染の順に高いようです。
環境要因を取り除くこと、すなわち食事の改善や、禁煙は「がん」予防のために、とても大切なことと言えるわけです。

最後に、三大成人病の一つである「心臓病」ですが、心臓の動脈硬化が原因であり、さらに血管が狭くなって血液の流れが悪くなった状態を狭心症と呼び、この疾病も大変厄介なものです。
血管の血が固まる即ち血流がつまって、血液が流れなくなることにより、酸素の供給ができにくくなり、細胞は壊れて死滅してしまうのですが、これが心筋梗塞というものです。
三大成人病を予防するためには、普段からの生活習慣に気をつけることが大切だと言われています。

そして、食生活はもちろんのことですが、忘れてはならないのが、ストレスを溜めない生活をすることです。
普段の生活すべてが、めまぐるしく変化しストレスかかかるなかで、身の回りの環境を整えた生活と正しいリズムのある生活が大切であり必要なのです。

三大成人病に関して、大まかにまとめてみましたが、普段の不規則な生活が長年のストレスとあわせて、ある年齢に来ると限界を超えて、大きな疾病として現れてくると言うことなんですね。
メタボリック症候群がほぼ同様な原因から来ているので、普段の食生活において偏った食事や、ストレスを溜める生活をできる限り解消することが、この三大成人病予防にもつながると言うわけです。

<<成人病予防は、定期的な検診から | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 成人病を予防するためには、まず食生活から>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。