病気の克服は普段の心がけ > 成人病 食事療法 > 成人病予防は、食事療法から

成人病 食事療法

成人病予防は、食事療法から

普段の食事で、成人病予防を考えながら食事の献立を立てる方は、病院でもない限りはそれほどいらっしゃらないと思います。
大体、肉料理に偏ったり、野菜が少なかったり、なるべく多めに野菜を取るようにしても、どうしても偏りがちなのではないでしょうか。

糖尿病により、医者から食事療法を指導されている方であるならば、だいぶ意識はしてらっしゃるかと思います。
成人病の食事療法で<糖尿病の>場合、まず大事なことは、摂取エネルギー量を適切にとることだそうです。

食事からですとか間食などによる摂取エネルギーが多すぎると、体に負担がかかり、病気も悪化しがちになりますので気をつけないといけないです。
<糖尿病>の場合などでは、このての食物を食べてはいけないというものはないので、その点に気を使う必要はないですね。

食事療法における大切なことは、決められたエネルギーの範囲内で、栄養バランスをしっかりとることだそうです。
「糖尿病食事療法のための食品交換表」という表がありますので、これを活用するとよいでしょう。

当然のことですが、成人病に限らず、規則正しい食事の時間というものはとても大事なことです。
身体の方では、不規則な食事をすることにより、血糖値のコントロールが困難になるので、気をつけたほうが良いのです。

成人病の食事療法で重要なポイントですが、動脈硬化の予防のために、脂質の取り方に気をつけることだと言えます。
とかく、洋食に傾きがちな、日本人の食生活です。

洋食は、基本的に脂質が多いので、動脈硬化になりやすいですね。
日本人本来の和食、魚や豆腐等、そして、野菜、アルカリ性食品などを豊富に用いたメニューを心がけることが、成人病予防になりますし、勿論食事療法にもなるのです。

偏った大ざっぱな食生活ではなく、キチンと考えられた食事療法が必要だということです。
たとえば脂肪について考えてみましょう。
脂肪と一口に言っても、その成分には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がありますね。

飽和脂肪酸は動物性の脂に多く含まれ、コレステロールを増やす働きをしますので、血の流れにとっては障害になりやすいと言えます。
一方、不飽和脂肪酸は植物性の油や魚の脂に多く含まれているのですが、コレステロールを減らす働きを持っているので、同じ脂肪と言えども身体にはプラスの働きをします。

食事療法を進めていく上で重要なポイントは、食材に含まれている成分がどのような働きをするのかを具体的に知ることであるといえるのです。

食事療法といいますと、難しいことのように聞こえますが、それほど難しいものではなくて、要は、食材の成分がどのような働きをするかをよく知り、バランスよく規則正しく食事をすることであるといえますね。

<<成人病を予防するためには、まず食生活から | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 成人病予防には料理レシピや料理方法を知ることも大切>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。