病気の克服は普段の心がけ > 婦人病 症状 > 女性においてデリケートな部分のかゆみは婦人病かも

婦人病 症状

女性においてデリケートな部分のかゆみは婦人病かも

女性にとって、婦人病の悩みは深いものがありますね。
特に婦人病は、その言葉どおり、婦人、即ち女性でしかならない病気であり、1人で悩んだり落ち込んだりする厄介な病気でもあります。

早めの医師との相談が大切な病気でもあります。

婦人病の症状の一つにかゆみがありますが、特にデリケートな性器の部分のかゆみの悩みが多いようです。

外陰部のかゆみの原因の多くは、かぶれによるものが多いようなので、かぶれの原因が分かれば、その原因を取り除くことで大概は治るものです。

特に日本は湿気が多く、下半身は女性では通気性が悪くなりがちなので、そのために外陰部が蒸れてかゆみを覚えることが多いようなのです。

また、女性は衣服の関係からもその原因を作りやすく、体型やファッションなどでぴっちりしたガードルを使って、下半身を締め付けることもしばしばある為に、さらに蒸れる易くなるのだと思います。

衣服の素材である化学繊維なども原因になることが、しばしばあるようです。

まずかゆみを感じるようでしたら、かゆみの原因と考えられるものをやめて行くようにしましょう。

例えば、下着の素材を綿100%のものに変えたり、生理用ナプキンでも出来る限り蒸れないタイプのものに変えたりすることが、対策の一つと言えます。

上記のような原因となるものをやめてもかゆみが続くようですと、婦人病のおそれがあると思われます。
さらに、かゆみの他に外陰部や膣が熱を持つ場合や、痛いと感じる時などの症状があれば婦人病の疑いが非常に濃くなりますので、婦人科を受診することをお勧めいたします。

婦人病としてかゆみを伴うものには、カンジタ膣炎・トリコモナス膣炎・性器ヘルペス・非特性膣炎・ベーチェット病・萎縮性膣炎・萎縮性外陰炎・バルトリン膣炎・外陰炎など、いろいろとが挙げられます。

婦人病の例としては挙げられないのですが、その他のかゆみの原因としては、ケジラミなどもあります。

婦人病におけるかゆみは、デリケートな部分に起こることが多いだけに、誰かに相談するというのもなかなか難しいかもしれませんが、「かゆみ」という病気のシグナルを身体が発しているのですから、そのシグナルを見落とさないようにしたいものです。

内在性の可能性もありますが、婦人病である可能性も大きいわけですから、婦人科にて受診する事が第一の対策だといえます。

女性にとってはデリケートな部分におけるかゆみですから、本当は隠したいと思う方が多いことでしょうが、婦人病である可能性を否定できない以上は、できるだけ婦人科に行き相談することが良いです。

女性の身体は、いろいろな意味において非常にデリケートに出来ています。
身体を出来る限りいたわってあげましょう。

<<婦人病の症状でもある不正出血に気をつけましょう | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 婦人病において検診は大切です>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。