病気の克服は普段の心がけ > 婦人病 漢方 > 婦人病は身体のバランスを考慮した漢方で

婦人病 漢方

婦人病は身体のバランスを考慮した漢方で

婦人病は、女性にとっては避けては通れない病といっても過言ではないでしょう。
大なり小なり、婦人病に掛かったことのある人のほうが多いと思いますし、場合によっては、それで命を落とすこともあり、やはり早期の検診を受けることが大切だと思います。
何かと厄介な婦人病ですが、その中でも婦人病として最も多い婦人病が、「子宮筋腫」なのだそうです。

テレビの情報番組などでも取り上げられる乳がんも多いのですが、子宮筋腫はもっと多いようです。

子宮は西洋なしのような形をした臓器なのですが、上部の3分の2を「子宮体部」、下3分の1を「子宮頸部」と呼ばれています。

子宮の殆どは子宮内膜で覆われているのだそうですが、その子宮の筋肉層の中の細胞が異常に増殖することによる良性の腫瘍が、子宮筋腫なのだそうです。

婦人病の中で、最もよくある病気であり、30〜40歳代の女性に多く見られ、出産がほぼ終わる世代と重なっているようです。

この子宮筋腫なんですが、大きいものも小さいものもあり、その大きさは様々で、1つであったり複数であったりします。

小さなものを子宮筋腫として含めると、女性の約半数にできるといわれるほどに、本当に多い婦人病なのです。

ところで、子宮筋腫ができる原因なのですが、女性ホルモンであるエストロゲンが深く関わっているのだそうです。

また婦人病の代表的な病としての子宮筋腫や子宮内膜症等もいろいろと知られていますが、これらの婦人病に関する漢方薬の考え方は、基本的に血流障害であると判断しているのだそうです。

漢方では、血流障害を「於血」の現れとしており、まずはこの於血を取り除くことが子宮筋腫や子宮内膜症を治療するのに効果があるとされています。

また、漢方で「於血」に効果があるとされる「冠元顆粒」は、血液の流れをスムーズにする働きがある為、子宮筋腫や子宮内膜症の処方箋として使われます。

また、ホルモンバランスの乱れも婦人病の原因の一つだと言われています。

漢方ではこれらの治療薬に、ホルモンバランスを維持する「腎」を整える「八味地黄丸」、「瓊玉膏」等を処方するようです。

その他の婦人病として、女性にとって最も関心の高い症状の月経痛等にも、漢方薬には適切な処方薬がありますので、身体のバランスを考慮する漢方を試してみるのも良いかと思います。

また、漢方の考え方の基本としまして、生活習慣を見直すことも視野に入れるべきであるとしていますので、強引な治療をするものではないので、デリケートな女性の身体には、漢方の考え方の方が良いとも言えるでしょう。

女性にとっての大敵である「冷え」に注意したり、北方系の野菜ばかりを摂らないように等の注意も考えるべきでしょう。

デリケートに出来ている女性の身体ですから、身体のバランスを特に考慮する漢方を婦人病の治療に取り入れることは、とてもよいことだと思います。
悪いものは摘出さえすれば良いと考えるのは早計過ぎる面もあり、自分自身の身体の体質や生活習慣等もしっかりと考慮して、対応すべきなのが婦人病であるともいえます。


<<婦人病チェッカーで婦人病の早期発見を | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 冷え性は生活習慣が原因となっている>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。