病気の克服は普段の心がけ > 冷え性 解消 > 冷え性対策をしっかりして夏も冬も快適に過ごしましょう

冷え性 解消

冷え性対策をしっかりして夏も冬も快適に過ごしましょう

冷え性になる季節と言えば、冬はもちろんのこと、夏もかなり冷え性の症状が出る季節なんですよね。

春とか秋の季節は、比較的過ごしやすい季節のため、温度差による身体に負担が少ないことから、冷え性の人でも過ごしやすい季節だと言えます。

暑い夏と寒い冬が冷え性の症状が出やすいのは、冷暖房の使用が多く室内と室外との気温差も激しいので、身体の血流が気温差についていかなくて冷え性となって表われる季節なのです。

そんな夏と冬を快適に過ごすため、冷え性対策を調べてみました

<夏の冷え性対策>
夏は暑いから冷え性の人にとって過ごしやすいのではと勘違いしていませんか?
夏は外は暑いのに室内や電車内、車内などいたるところで冷房を効かせています。
そのおかげで、外と部屋の中の温度差が激しく、身体のリズムが狂い血の巡りが悪くなるので、冷え性となりやすいのです。

・シャワーだけにするのではなく、湯船に浸かって身体を温めるようにすること。
湯船にゆっくりと浸かる入浴は身体全体の血流を良くするだけでなく、リラックス効果もあり、ストレスも取れて安眠につながります。
冷え性のために不眠で悩んでいる人は面倒でも毎日入浴して、心地よい汗を流すようにして身体を温めるように心がけましょう。
入浴剤を使用すると更に冷え性に効果的

・身体を温める飲み物、食べ物を摂るようにすること。
夏の暑さから冷たい飲み物や食べ物ばかり多く摂りがちとなり、身体を冷やしてしまいます。
冷たいものはほどほどにして、なるべく身体が温かくなるようなものを摂取するようにすることが大切です。
また、栄養バランスのよい食事をできる限り心がけましょう。
その他、ニンニク、唐辛子、ネギ、ショウガなど、身体を温めてくれる食材を適度に摂取することで、冷え性に効果があります。

・適度な運動で汗を流すようにすること。
適度な運動は新陳代謝を良くし、血流をよくしますので冷え性の予防に効果的だといえます。
紫外線などが多く、熱中症も怖いので、外での運動よりは、室内プールで泳ぐという方法もいかがでしょうか。
また、寝る前に軽くストレッチするだけでも、かなり血流をよくする効果がありますので、試して見ると良いと思います。

<冬の冷え性対策>
冬も夏同様に毎日のしっかりとした入浴、栄養バランスのよい食事、適度に汗をかく運動を心がけることで、冷え性を改善することができます。
上記の夏の冷え性対策のほか、冬の冷え性対策について、いくつかご紹介したいと思います。

・腹巻をうまく活用すること。
以外かと思いますが腹巻をつけるだけで、身体の冷えがだいぶ軽減されるのです。
今は遠赤外線効果が高い腹巻やゲルマニウム入り腹巻などいろいろと種類も豊富に販売されていますので、お気に入りの腹巻を買って冷えから身体を守りましょう。

【送料無料】ポッコリお腹、冷え性が気になる方へ!ゲルマニウム含有、高級繊維使用腹巻!ゲルマ...
・睡眠時の靴下着用に注意すること
冷え性の人は特に足先が冷たくて眠れないことが多いと思います。
それを防ぐ為にと靴下を履く人がいますが、通常の靴下を履いて寝ると足が締め付けられ血液の流れが悪くなったり、体温調節を狂わせてしまうため冷え性には逆効果となってしまいます。
冷え性用の靴下を着用するようにしたほうが良いでしょう。

ダイエットも兼ねての冷え性対策インナーウェアー

サプリメントや冷え性改善の薬などもありますが、冷え性は毎日のちょっとした対策でも予防や改善をすることが十分にできます。
あなたも今日から冷え性対策をしてみてはいかがですか?

個人的にお勧めなのは、冬の冷え性対策としての腹巻です。
夏でも腹巻をすることで、お腹の冷えを防ぎますから、寝冷えなどにも良いです。


<<誰にでもできる冷え性の解消方法、ツボ押しとシンプル体操 | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 冷え性対策グッズで、快適生活>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。