病気の克服は普段の心がけ > 冷え性 解消 > 冷え性の改善は食べ物から

冷え性 解消

冷え性の改善は食べ物から

冷え性の方にとって、春と秋は比較的過ごしやすいかと思いますが、夏と冬は、特に過ごしにくいので、対策に苦慮されることでしょう。

冬の季節は言わずと知れた寒さから、冷え性には大変にこたえると思います。

夏においては、気温も高く暑いので、冷たいものの飲みすぎとエアコンで冷えすぎとなり、冷え性の症状を悪化させます。

季節に関わらず普段の食事において、身体を冷やす食べ物を摂り過ぎていますと、冷え性は良くならないでしょう。

当然のことながら、冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎは、冷え性の原因になりますので控えなければなりません。

また、身体を冷やす食べ物の摂り過ぎにおいても、冷え性につながるので気をつけなければなりません。

冷え性の予防・改善をするためには、まず、身体を冷やす食べ物、身体を温める食べ物に、どんなものがあるのかをよく知り、上手にバランスを考えながら摂取することが大切なのです。

そこで、冷え性の予防・改善に関係する身体を温める食べ物、身体を冷やす食べ物、そしてビタミンEを多く含む食べ物について、ご紹介しますので参考にしてみてください。

<体を温める食べ物>
・ショウガ
・ニンニク
・ネギ
・根菜類(ゴボウ、ニンジン、山芋、レンコンなど)
・味噌、しょうゆ、塩

<体を冷やす食べ物>
・砂糖
・牛乳
・夏に採れる野菜や暖かい地方で採れる野菜(トマト、ナス、きゅうり、レタスなど)
・酢
・スナック菓子
・アイスクリーム
・清涼飲料水

<ビタミンEの食べ物>
ビタミンEは血行を促進する働きがあり、冷え性の改善に効果があります。
冷え性の予防には、毎日の食事のなかで適度にビタミンEを含む食品を取り入れることも大切です。
・カボチャ
・アボガド
・うなぎ
・ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ、松の実など)
ビタミンEをサプリメントで取るなら、こちらがオススメ

☆ 冷え性・血流改善に吸収のいいビタミンE剤ユンケルEナトール(240カプセル) 
冷え性の方が、身体を冷やす食べ物を摂ると、冷え性を悪化させるので、摂ってはいけないというものではありません。

身体を冷やす食べ物だからといって牛乳を飲まなかったり、夏野菜を食べなかったりすることは、栄養が偏ってしまい身体には好ましくありません。

身体を冷やす食べ物は、直接口にするのではなく、温めるなどの工夫をして摂るようにすれば、栄養をうまく摂れるようになります。

また、身体を冷やす食べ物を摂る時には、必ず一緒に身体を温める食べ物も組みあわせるなどして、バランスよく摂取するように心がけることで、栄養の偏りを防げて、冷え性にも効果があるのです。



<<冷え性改善には、足の指先の血流をよくする靴下 | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 偏頭痛の対応は、まず症状と原因を知ること>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。