病気の克服は普段の心がけ > 頭痛 解消 > 偏頭痛の治療と対策について

頭痛 解消

偏頭痛の治療と対策について

偏頭痛で悩まされる人は、本当に多いですが、筆者の私も偏頭痛もちで、大変に困る思いがします。

前触れらしきものは特に無いですが、しいてあげれば、何か顔の左半分が引っ張られるようになることが多いです。

時には、朝、目覚めた時から頭痛に悩まされることは、しょっちゅうありますが、、、

それで、偏頭痛の治療対策について、少し調べてみました。

偏頭痛の治療と対策としては、原因を取り除く根本療法と、痛みをとりあえず取り除く対処療法の2つに分かれるようです。

偏頭痛と言われる頭痛は、血管壁にある神経が何かしらの刺激を受けるとか、血管周囲の三叉神経が刺激されることによって発症するのだそうです。

その他の原因としまして、血液濃度の上昇や、血管周囲に起こる炎症などだそうです。

しかし、偏頭痛を起こす原因の多くは、ストレス・「自律神経の乱れ・。ホルモンバランスの変化、アルコールや食品の摂取、気候変動・睡眠不足や寝過ぎ、体質遺伝などによるものだそうです。

それで、偏頭痛の治療と対策なのですが、対症療法としては薬によって頭痛を治める方法がまずありますね。

一般的に使われる薬は、エルゴタミン製剤というもので、偏頭痛の前兆発症時や頭痛が始まってすぐに服用することが必要とするものです。

ただし、注意しなくてはいけないのですが、狭心症・心筋梗塞や高血圧の方、妊娠中・授乳中の女性は服用できないことになっています。

偏頭痛が発症した際には、薬を服用した後も含めて光や音の茂樹を避けて、静かな暗い場所で横になって休むことが大切なのだそうです。

偏頭痛の治療と対策は、一般的な薬の服用と安静にすることで治せるだろうと思われがちですが、油断は禁物なのです。

偏頭痛で薬を使いすぎると返って症状を重くすることがあるようですから、やはり病院でしっかりとした診断を受けるべきだと思います。

病院の医師でもよく話を聞いてくれる医師を選ぶようにした方が良いです。

人によって偏頭痛の症状は、多様であり、また、インフォームドコンセンスがしっかりとしている医師であれば、とても安心できるからです。

だいたいの病院においての偏頭痛の頭痛抑制治療は、頭痛の発作が現れたときに対症する方法となります。

これに加えて、偏頭痛の頭痛を出にくくする治療薬があり、頭痛予防治療と言います。

偏頭痛の頭痛予防薬として使われるもので、日本の保険対象になっているのは、塩酸ロメリジンと言う成分があり、効果も十分確かなもののようです。



<<偏頭痛の対応は、まず症状と原因を知ること | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 頭痛の中でも群発頭痛は、本当につらいです>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。