病気の克服は普段の心がけ > 頭痛 解消 > 群発頭痛の治療と対策は?

頭痛 解消

群発頭痛の治療と対策は?

頭痛って、本当に嫌なものですよね。

私は、頭痛が始まると、バッファリンを良く飲むのですが、やはり癖になるのが怖くて、我慢する時もあります。

我慢できないような痛みの時や、いくら時間がたっても治らない時は、薬に頼るようにしているのです。

以前、頭痛がきついので薬を飲んだのですが、薬が効かなくて、そのうち気持ちが悪くなり、寝込んでしまったことがありましたが、ホント怖い思いをしました。

今回、頭痛に関して調べたことですが、群発頭痛の治療対策です。

群発頭痛と言うのは、頭痛の中でも主に三大痛と呼ばれる激しい痛みがあり、発作が治まると嘘のように治ることから、お医者さんの診断も難しいのだそうです。

基本的に、群発頭痛の治療薬としては、トリプタン系の薬が使用されるのだそうです。

ただし、トリプタン系の薬の作用は個人差が大きいようで、必ず医師の診断を受けてから、服用する必要があるそうです。

バッファリンなどの市販薬とは、だいぶ違うものなんですね。

症状によっては、群発頭痛の治療と対策として酒石酸エルゴタミンを使用する場合もあるようです。

しかし、注意しなければいけないことは、トリプタン系と酒石酸エルゴタミンの併用は禁止となっていることです。

もし使う場合でも、薬を飲む間隔として最低24時間は空けないといけないのだそうです。

通常の市販薬ですと、薬を飲む間隔としては4時間以上が多いですが、やはり特別な薬であると言うことですね。

群発頭痛の治療と対策で主に医者から頂くトリプタン系の薬の注意点としては、40歳以上の男性、閉経後の女性、心疾患の危険因子を持つ患者には、慎重な対処が必要とされていることです。

海外での群発頭痛の治療と対策は、トリプタン系の薬剤の自己注射が多いです。

最近まで日本では自己注射が認められていませんでしたから、即効性の治療が難しかったようです。

しかし、今は認められるようになりましたから、自己注射での群発頭痛の治療と対策が可能となり、非常に助かるようになったといえます。

群発頭痛は三大痛といわれるほどの激痛をもたらしますから、治療薬を使用する際には、十分慎重に行う必要があります。

また、群発頭痛の治療に対して、トリプタン系の薬の他には、ブレドニンやデカドロンなどのステロイド療法もあります。

これらの方法の場合、副作用としてのリバウンドもあるので、注意する必要があります。

群発頭痛が頻繁にある場合ですと、「慢性の群発頭痛」になることもあるので、非常に怖い面があります。

この慢性の群発頭痛の場合、薬を服用しても、完全に取れると言うものではなく、常に痛みが頭に残りますので、耐え難いものであると言われています。

群発頭痛の痛みは激痛ですから、群発頭痛の治療と対策は慎重に行うべきでしょう。

ただ、注意していただきたいのは、激痛から薬の多用による、依存症が考えられます。

群発頭痛の治療と対策は、医師としっかりと相談しながら慎重に行いましょう。

頭痛持ちの方の中には、検査や医師の診断を受けても原因が判らないと言うものもあります。

私が最近、受けている治療は、バランス活性療法による整体の治療ですが、かなりすっきりします。

薬とかを使わないので、依存症のような副作用もなく、治療を受けるようになってからは、頭痛の回数が減っていますね。



<<頭痛の中でも群発頭痛は、本当につらいです | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 緊張型頭痛はストレスによるもの>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。