病気の克服は普段の心がけ > 頭痛 解消 > 緊張型頭痛の治療と対策はどんなもの

頭痛 解消

緊張型頭痛の治療と対策はどんなもの

緊張すると、頭が痛くなるという人は以外と多いのではないかと思います。

緊張すると心臓がどきどきして、血液の流れも速くなり、血圧が上がり、血管が通常以上に膨らみ、神経にさわり頭痛を起こすことがあるのですが、これがいわゆる緊張型頭痛の一つの原因になっているようです。

それで、緊張型頭痛に対する治療対策ということですが、これには大きく分けて3つの方法があるようです。

まず緊張型頭痛の原因は、ストレスからが直接の原因となることが多いのですが、そのストレスを認めない人が多いようです。

ですから、緊張型頭痛の治療と対策においてのスタートは、その原因を自分自身で認めることだと言えます。

自分が持つストレスの原因を見つけ出し、具体的にどう対策するかを検討するとか、ストレスを如何に発散させるかが、緊張型頭痛の治療と対策のポイントと言うわけです。

例えば、気晴らしの散歩や筋肉をほぐすとかのリラックスする運動をするとか、精神的・身体的ストレスを取り除いていくことが治療において、とても大切になるわけです。

一方、身体的ストレスによる緊張型頭痛の場合には、長時間同じ姿勢を続けないようにすることや、姿勢をコントロールすることが治療のポイントになります。

身体的ストレスを解消するために、自身の姿勢をコントロールすることで、緊張型頭痛の治療と対策へとつなげていくものです。

最後に、緊張型頭痛の治療と対策において、上記の2通りの対策でも不十分であるならば、薬物療法ということになります。

薬物治療の目的は、頭痛を直接治療するものではなく、精神的なストレス・身体的ストレスを解消するところにあるので、いわゆる頭痛薬を使うものではないと言うことです。

緊張型頭痛の治療と対策で大切なことは、自分自身でストレスなどを低減していくことであり、発散していく努力も必要ではあります。

ただし焦りは禁物で、ゆっくりと時間をかけながら進めていくようにしましょう。

月並みな感じではありますが、何も考えずにゆっくりと休憩を取ることも有効な対策の一つでもあります。

緊張型頭痛は、精神的なストレス・身体的ストレスが原因であることをしっかりと理解し、対策を立てれば十分に治るものだと、まず認識しましょう。

大丈夫です。



<<緊張型頭痛はストレスによるもの | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 偏頭痛でお悩みの方、頭痛外来へ行かれてみては?>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。