病気の克服は普段の心がけ > 頭痛 解消 > 偏頭痛でお悩みの方、頭痛外来へ行かれてみては?

頭痛 解消

偏頭痛でお悩みの方、頭痛外来へ行かれてみては?

偏頭痛になる人が、最近特に増えているようですね。

はっきりとした原因と言うのは、分からないようなので、お医者さんの診断では自律神経の働きが悪いからなのでしょうと言われる方が圧倒的なようです。

私もその一人で、以前は左側だったのですが。最近は特に右側がずきずきすることが多くなりました。

偏頭痛だと思っている人の多くは、頭は確かに痛いのですが、病院へ行って診察を受けるほどでもないし、大概は市販の頭痛薬を飲んで、しばらくしたらそのうちに納まるだろうと考えて、そのままにしがちではありました。

しかし、いわゆる偏頭痛などの慢性の頭痛というのは、3,4人に1人は悩んでいると言われていて、自分の偏頭痛の症状をしっかりと聞いて、治療をしてくれる病院があれば是非診ていただきたいという方もかなりいらっしゃったのです。

そういった患者さんの願望も多かったのですが、一般の医療機関では、「命に関わるような異常がなければいいだろう」と安易に考えがちではあったのです。

最近、そういった安易な考え方から脱却して、偏頭痛のような頭痛でも診察・治療する「頭痛外来」が、増えてきてるようなのです。

単なる頭痛だからと簡単に考えるのではなく、頭痛の原因には深いものがあると医療機関でも考えるようになって来ているようでもあるのです。

そう言った意味では、「頭痛外来」を設置することはとてもよいことだと思います。

「頭痛外来」の良い点は、どんな患者でも頭痛に関することではしっかりと診察を行い、頭痛が無くなるような治療をするという方針で行うというところでしょう。

頭痛の初診時に30分以上を診断で使い、頭痛の症状を詳しく聞くという方法をとるなど、安易な考えをしてないところが、たいへん良いと言えます。

全国平均で見ますと、「頭痛外来」の受診者のうち、偏頭痛患者は3割ほどのようです。

従来の頭痛の診断ですと、頭痛の原因にくも膜下出血などの可能性があるため、その可能性を検査する必要はありますが、その検査で異常が無ければ、それ以上治療をすることは、多くは無かったようなのです。

「頭痛外来」は、そういった患者に対しても、治療を行うことを目的にしているため、単に頭痛がするという方でも、気軽に受診することをお勧めしたいです。

また、偏頭痛の予防薬や治療薬も登場するようになってきてたことも大変よく、患者の選択肢が増えたことは喜ばしいことです。

「頭痛外来」での対応も一般的に知られるようになってきていますので、更に頭痛の原因改善が進むのではないでしょうか?

「頭痛外来」はどこにでも設置されていると言うわけではないのが残念ではあります。

しかし、治療方針を主治医に紹介するなどの対応もされており、「頭痛外来」も一般的に認められて、その有用性がより認知されるならば、今後更に「頭痛外来」を設置するところが増えていくのではないでしょうか?

頭痛でお悩みの方は、是非、「頭痛外来」へどうぞ。



<<緊張型頭痛の治療と対策はどんなもの | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 糖尿病について、よく理解しましょう。>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。