病気の克服は普段の心がけ > 糖尿病 血糖値 > 糖尿病について、よく理解しましょう。

糖尿病 血糖値

糖尿病について、よく理解しましょう。

糖尿病に関してのデータとしまして、下記のようなものがあります。

日本国内の患者数は、40年前では約3万人でしたが、現在では700万人程度になるそうです。(厚生労働省2006年11月時の調査データ)

糖尿病の予備軍となりますと2000万人に上るとあり、今後更に増える傾向にあるそうです。

糖尿病の原因としましては、自己免疫の異常が重要な要因の一つとして上げられているそうですが、自己免疫の異常が起こる原因は、やはり食生活とストレスによるのではないでしょうか?

糖尿病とは、糖代謝の異常によって起こるとされていてます。

血液中のブドウ糖濃度が急激に高まる、すなわち血糖値の上昇により、いろいろな合併症を引き起こす大変に危険な病気なのです。

糖尿病の名前の由来は、尿中にブドウ糖が漏出し尿が甘くなる(尿糖)と言う症状が現れるので付けられたようです。

この症状は、一定以上の高血糖の場合に現われるのですが、そのような症状が現れるようであれば、かなり糖尿病が進んでいるとも言えます。

糖尿病と一口に言っても、いくつかのタイプがあります。

1型糖尿病、2型糖尿病、遺伝子異常、他の病気に投与される薬剤の副作用的なもの、妊娠糖尿病に、分類されています。

1型糖尿病は、膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊されることで、身体の中のインスリンの量が絶対的に不足することにより発症します。

多くは、子供のうちに始まり、小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病などと呼ばれていました。

2型糖尿病は、インスリンの出る量が少なくなって起こるものです。

肝臓や筋肉などの細胞が、インスリンの働きの悪化により、細胞の中にうまくブドウ糖が取り入れられなくなることによって、起こるものです。

原因としては、食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多いようです。

食生活が、和食から洋食系の油の多い食事をするようになったことが第一原因ではないでしょうか?

日本の糖尿病の95%以上は、この2型糖尿病のタイプだそうです。

1型糖尿病、2型糖尿病以外の糖尿病は、遺伝子の異常やほかの病気が原因となることが多いです。

例えば、遺伝子の異常、肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などが原因となって、糖尿病が引き起こされるようです。

また、薬剤が原因となる場合もあるのが、糖尿病の怖いところでもあります。

妊娠糖尿病は、妊娠中に発見された糖尿病のことで、新生児に合併症が出ることもあり、妊娠中の食事の偏りが原因だったりします。



<<偏頭痛でお悩みの方、頭痛外来へ行かれてみては? | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 食事療法と糖尿病>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。