病気の克服は普段の心がけ > 糖尿病 血糖値 > 食事療法と糖尿病

糖尿病 血糖値

食事療法と糖尿病

糖尿病と言えば、生活習慣病として誰もが知っている病気です。

生活習慣病の多くが食事内容に関係していることが多いため、毎日たべている食事内容がどうであるかを見直す必要があります。

ですから、健康診断等で糖尿病と診断されて場合には、必ずと言って良いほど食事内容の改善である食事療法をすすめられます。

しかし、食事内容の改善と言っても日常の生活強度を無視した内容に変更するものではありません。

肉体労働が主な仕事である場合、当然自分にあった分量の食事があるわけでして、それを前提にして必要とするすべての栄養素をとるように工夫する必要があります。

食事療法というと、辛いイメージをもたれるかも知れません。

食事療法の基本は栄養素のバランスを考えて行うものが多いですから、家族と別内容というわけではありません。

自分の状況をよく鑑みて適度な量を家族と一緒に食べる工夫が必要ということです。

1日に食べる食事量のエネルギーについて、お医者さんから指示を受けて食事療法を勧めることになると思います。

基本的には<総エネルギー量 = 標準体重 × 仕事別消費カロリー>です。

エネルギー量の計算は、80kcalを1単位として計算する方法が簡単で一般的といえます。

下記のような糖尿病食事療法の書籍を参考にするとよいでしょう。


糖尿病食を発売している企業があります。

誰でも知っている企業のニチレイフーズの「糖尿病食 21食セット」などは、糖尿病の特別用途食品として厚生労働省に認可されていますね。

このような食品を活用されるのも良いですね。

例えば、おでん・白身魚の煮付け・肉じゃが・豚肉のしょうが煮・いか団子のあんかけ・チキンカレーセットなどといった全21食の糖尿病食がセットになっていたりします。

1食分に関しての栄養計算はしっかりとなされているメニューです。

手軽なレトルト食品でおいしくてヘルシーではありますが、新鮮さが欠けているのが難点でしょうか。

その他でも糖尿病食として、いくつかのメニューが販売されていますが、糖尿病食事療法のための食品交換表第6版等の書籍を参考にしていろいろ工夫してみるのもよいでしょう。

糖尿病の原因は様々ではありますが、その原因の一つに食事が関わっていることは確かでしょう。

普段の心がけ次第で避けれるのも、また生活習慣病と言われる糖尿病でもあるということです。



<<糖尿病について、よく理解しましょう。 | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 糖尿病の症状にはどんなものがある?>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。