病気の克服は普段の心がけ > 糖尿病 血糖値 > 糖尿病の症状にはどんなものがある?

糖尿病 血糖値

糖尿病の症状にはどんなものがある?

病気の中には、特徴的な症状を持っているものもあれば、ほとんど症状がなく進行してしまうものがあります。

成人病の代表的な病気、糖尿病に関して言えば、特徴的な症状を持っている病気の代表ではないでしょうか?

糖尿病の症状の一つとして、「のどが渇く」ということが挙げられます。

通常、糖尿病の場合、血液中の糖濃度を下げるインスリンというホルモンが足りない(または、出ていても、働きが弱い)ことにより血糖値が高い状態が続くことで病気になるとされています。

糖尿病になると、血液中の糖濃度が高い状態が続きますので、体は血液中の糖濃度を下げるために大量の水を摂取して下げようとします。

それが、「のどが渇く」とう言うような症状となってあらわれます。

たくさんの水分を摂るわけですから、必然的に大量の尿を排出することになります。

血糖値が下がらなければ、いくら水を摂ったとしても尿として出るだけなので、インスリンの働きや量は改善されてはいません。

その他の症状としまして、「体がだるい」「疲れやすい」 といった症状も出てきます。

尿の排出は、糖のみならず、細胞や筋肉の働きと関係の深い塩分、ミネラルも一緒に排出されます。

また、 糖尿病の初期症状としまして、一時的にインスリンが過剰に出る時期があることが分かっていまして、食欲が旺盛になることがあります。

急に食欲が旺盛になるということも、ある面、糖尿病の症状の一つと捉えることも出来るかもしれません。

しかし、このような症状が必ず出ると言うわけではありません。

むしろ、初期の糖尿病は無症状だと考えるほうが良いです。

それ故に、病院であなたは糖尿病といわれて驚く人は多いのです。

重度の糖尿病だとしても、自覚症状が無いことが多いため、自分は大丈夫と安心している人が多いです。

糖尿病は、病気が始まって5〜7年ぐらいの年月が経ってからいろいろな症状、先の「のどが渇く」「体がだるい」「疲れやすい」 と言った症状を引き起こします。

もし症状に思いあたる点がありましたら、自身の健康チェックをおこなうことが大事ですね。

年一回の健康診断、人間ドックなどでの検診を怠らないようにすることも大切です。

健康は失ってから、その大切さが分かるというものです。

常日頃から身体の健康を気遣いながら、正しい食生活を送りたいものです。



<<食事療法と糖尿病 | 病気の克服は普段の心がけトップへ | 労働時間とうつ病>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。