病気の克服は普段の心がけ > 成人病 生活習慣病 > 労働時間とうつ病

成人病 生活習慣病

労働時間とうつ病

長時間労働とうつ病に関する英国の研究の記事。

私もうつ病で悩んだ経験があります。

2泊3日の徹夜をしたり、毎日11時間以上の労働と休みなしという仕事もしたことがあります。

しかし、長時間労働したとか一切睡眠を取らずに働いたからうつ病になったと私には思えないです。

長時間労働をすることは仕事と家族の板挟みをもたらし、それによりストレスホルモン濃度が高い状態となる。

それがうつ病の原因だと研究では報告しているようですが、、、。

私の整体(療法)での経験と私自身の経験からしますと、板挟みになることはある種の力が自身の身体の中で発生していることが大きな原因であると思います。

長時間労働をするということを、しなければならない・ねばならない・強制されている・強いられていると感じている、英語で言うとことろのマストの状態を継続していることですね。

神経で言うならば、交感神経が絶えず働き、興奮状態を無理矢理生み出しているとも言えます。

それが、家族との関係も絡んでくるならば、なおさら辛い。

ある種のマストの状態、強いられていると感じているならば、長時間労働でなくとも拒否したい思いが出ますが、仕方がないと自身に無理矢理の力を加える。

継続して力を加えているうちに、結果、元にどれない状態に陥る。

それは、ホルモンという面から見れば、ストレスホルモン濃度が高い状態にもなるし、自身のねばならないという思いの力で脳そのものに力をかけ続けた状態になる。

それが、うつ病という症状を引き起こす。

ゆううつと言う言葉は何となく気持ちの沈んだ状態を表現しますが、沈んだ状態とは肉体で言うならば脳そのものが沈んだ状態を表していると言っても過言ではないでしょう。

対策としては、長時間労働をできる限り減らすか、ストレスホルモン濃度が高い状態を減らすということになりますね。

具体的には、前者は会社の労使関係の改善と職場での人間関係の改善、後者は薬ということになります。

薬は依存性を身体に生み出す可能性が高いのでオススメではない。

労働時間や人間関係は、個人ではどうすることもできないところがありますので、社会全体で取り組むべきことだと思います。

個人で改善したいと思われる方、ナルサワ自然療法院はしっかりと健康回復のお手伝いを致します。

<<糖尿病の症状にはどんなものがある? | 病気の克服は普段の心がけトップへ



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。