婦人病 おりもの

おりものの量が多いかなと思ったら婦人病を考えてください

婦人特有の病気が婦人病ですが、いろいろと厄介な病気が多く、とてもたいへんです。
それで無くとも、シミ・ソバカスなどのお肌の対策も毎日、スキンケアをしなくてはならなくて気になることが多いと言うのに、更に婦人病も注意しなくてはならないのは、大きなストレスになります。

そんなストレスのたまりやすい婦人病の中で、おりものが関連する婦人病というと、主に子宮に関する病気がほとんどです。
その中でも、子宮頚管炎が挙げられると思います。

子宮頚管炎が起こるところは、子宮頚管と言う子宮と膣とをつないでいる部分で、子宮に細菌が侵入しないように常に粘液で満たされている部分でもあります。

この子宮馨管炎は婦人病の中でも起こりやすい病気の一つと言えるでしょう。
避妊具やタンポンの取り忘れや、中絶・分娩・流産の時の傷などから、簡単に細菌に感染しやすいなど、厄介な病気です。

この子宮馨肝炎の症状としましては、多量のおりものが特徴です。
特に、慢性化すると不妊症の原因になってしまうようなので、とても注意が必要です。

おりものが関連する婦人病として挙げられる代表的な病気には、子宮膣部びらんと言うのがあります。
この子宮膣部びらんに関しては、とても多くの女性に見られる病気なのです。

特に出産を経験した女性であるならば、ほとんどにびらんが見られるといわれているので、経験した方は多いかと思います。

婦人病の中でも掛かる方が多い子宮膣部びらんの症状は、かなりおりものの量が増えるのが一般的です。
厄介なことに、排卵期には特におりものが増加して、憂鬱になる方が多いことでしょう。
この子宮膣部びらんの治療についてですが、軽いびらんや炎症を起こしていない場合は、経過を見ることが多いようです。
ただし、軽度のびらんでも炎症がある場合は治療が必要とのことです。

その他にも、おりものが関連する婦人病としては、子宮頚管ポリープがあります。

この子宮頚管ポリープなんですが、子宮頚管に茎のような小さなこぶができてくる病気です。
一般的に、良性のものが殆どなので治療も簡単ですが、まれにガン化することや癌の前兆の場合もあるようなので、早めの検査を受けて治療をしたほうが良いでしょう。

この子宮頚管ポリープでも、おりものが多くなり、生理前に少量の不正出血があったりしますので、いつもと違うと感じたら、早めの検査をお勧めします。
また、このポリープはふれると簡単に出血を起すので、接触出血が発見のてがかりになるかと思います。

おりものに関わる婦人病というのは、女性であるが故に、ストレスになりやすい病気でもありますが、普段から気をつけていれば発見もしやすく、早期治療により必ず治る病気でもあります。
手遅れになる前に、定期的な検査もして見ましょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。