婦人病 検診

婦人病チェッカーで婦人病の早期発見を

女性特有の病気である婦人病は、本人にしか分からないことが多いので、婦人病専門の医師に相談するとか、定期検診をなるべく受けることをオススメします。
定期検診に行く暇のない方であれば、簡単なチェックをするだけでも発見できることもあるようですから、面倒がらずにやりましょう。

婦人病というのは、通常の生活や生理の中では、なかなか見つけ出すことが難しいものなので、ある程度時間をとって、検診をすることですね。

婦人病は女性の複雑な生理状態の中に潜んでいるので、普段からの注意や専門医の検診などによって、婦人病であることが分かったりするものなのです
ですから、定期的な検診をすることが重要になってくるわけです。

検診が大切なのは分かるのですが、婦人病を心配して検診をたびたび受けるわけにも行きません。
そこで、婦人病を通常のちょっとしたチェックを行うことにより、婦人病の前兆を見つけることもできるようになってきているので、利用したいものです。

特に女性の場合は、月経という定期的な生理現象があります。
この月経の前後でホルモンの分泌や身体・精神状態も不安定になりやすいですから、その状況を含めてポイントを十分にチェックすることで、婦人病の前兆であるか否かをある程度判断できると言うわけです。

この婦人病をチェックするためのポイントとして、「婦人病チェッカー」という、Webステップがあります。

この婦人病チェッカーは、下記の様な16の設問からなっています。
1.生理痛がひどい(強い腹痛・腰痛、寝込むぐらいである)
2.おりものの量が異常に多い、黄色がかった色で臭いが強い
3.乳房に""えくぼ”がある、または乳糖が陥没している
4.外因部に激しい痒みがある
5.生理不順である
6.乳房にしこりがある(乳腺ではない)
7.外因部の回りにただれがある
8.避妊をしない普通の性生活で、約2年間妊娠しない
9.生理の際に冷や汗をかいたり、脳貧血を起こすことがある
10.生理時の出血が多い(例えば普通のナプキンを30分置きに取り替えるなど)
11.生理時にウズラの卵状の血のかたまりが頻繁にでる
12.排尿時に外因部がひりひりしてしみる、痛がゆい
13.腹部にしこりがある
14.乳頭部から分泌物(ウミのような白っぽいものや血液など)や血液などが出る
15.血液検査で貧血を指摘されたことがある
16.不正出血がある

上記のチェックに対してYes・Noで入力することで、ある程度の可能性を予見してくれるので、チェックしてみてください。

婦人病は早期発見が大切です。
定期健診が難しければ、婦人病チェッカーなどにて自分でチェックしてみるようにして見ましょう。
婦人病チェッカーのサイトとしまして、下記のサイトでチェックが出来ますので、利用してみましょう。
http://www.esampo.com/health/women/index.html


婦人病 検診

婦人病において検診は大切です

長寿と言えば、日本は男女とも有数の長寿国です。
長寿であると言うことは、それだけ医療技術が進んでいることや、食糧などの栄養事情が良いこと、経済的にも豊かであることを意味していますね。

特に日本の女性は、世界で1番の長寿で平均寿命が85歳を超えていて、本当にすごいですね。
外国と比較しますと、日本の女性はとても元気であるとも言えますね。

ところで、女性の健康なのですが、子供を生むという大きな仕事からも分かるようにホルモンの影響を非常に受ける体質であると言われています。

このことは、思春期や性成熟期、更年期、老年期とそれぞれのライフステージにおいての心身の健康管理について、とても大きな影響を及ぼし、産婦人科や内科の範囲を超える影響があるようです。

特に女性において、病気に掛からない状態で、かつ心身ともに「健やかに」生きていく為には、いろいろな健康への知識や健康管理への取組が必要となるのです。

それら健康維持のためには、婦人病に対する検診を定期的に受けていくことは、とても大切なことだと言えます。

婦人病の検診も、女性の年齢や性の世代によって、対象の婦人病もそれぞれ変わって行きます。
当然のことながら、婦人病の検診の内容についてもそれぞれの世代によって検診項目が変わってくるわけです。

乳房や子宮などの検診を例に挙げてみますと、結婚・出産などの世代によって婦人病としての乳ガンや子宮筋腫などの検診の受け方などが、結婚・出産が終わった世代とでは大きな変化があります。

現在の婦人病を取り扱っている科は、性差医療と言いまして、女性特有の病気を専門に診る女医さんがいる診療科として増えてきているのです。

女性には、月経・妊娠更年期などの独特な生理現象が起こります。
ですから、婦人病は病気というよりは日常的な現象と考えてもおかしくないほどなのです。

婦人としての生理現象が日常的なものである為、女性の方の中には若干の生理異常くらいならば婦人病とは考えずに、なかなか婦人科で診察を受けると言う方が少なくなっています。

診察を受けるのが遅いことで、女性特有の婦人病が進行してしまうことが大いにあります。
婦人病の検診は、定期的にかつ女性の世代にあわせて受けるようにすることが大切なのです。
定期健診を受けるようにしましょう。

婦人病というのは、女性にとってはうまくつきあうこと、またはコントロールしていくことが望まれる病気なのです。

定期的に起こる女性特有の生理によって、婦人病にかかっていることを見落としがちになります。
定期健診などで、婦人病を早期に発見し、未然に防ぐようにしましょう。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。