糖尿病 血糖値

糖尿病の症状にはどんなものがある?

病気の中には、特徴的な症状を持っているものもあれば、ほとんど症状がなく進行してしまうものがあります。

成人病の代表的な病気、糖尿病に関して言えば、特徴的な症状を持っている病気の代表ではないでしょうか?

糖尿病の症状の一つとして、「のどが渇く」ということが挙げられます。

通常、糖尿病の場合、血液中の糖濃度を下げるインスリンというホルモンが足りない(または、出ていても、働きが弱い)ことにより血糖値が高い状態が続くことで病気になるとされています。

糖尿病になると、血液中の糖濃度が高い状態が続きますので、体は血液中の糖濃度を下げるために大量の水を摂取して下げようとします。

それが、「のどが渇く」とう言うような症状となってあらわれます。

たくさんの水分を摂るわけですから、必然的に大量の尿を排出することになります。

血糖値が下がらなければ、いくら水を摂ったとしても尿として出るだけなので、インスリンの働きや量は改善されてはいません。

その他の症状としまして、「体がだるい」「疲れやすい」 といった症状も出てきます。

尿の排出は、糖のみならず、細胞や筋肉の働きと関係の深い塩分、ミネラルも一緒に排出されます。

また、 糖尿病の初期症状としまして、一時的にインスリンが過剰に出る時期があることが分かっていまして、食欲が旺盛になることがあります。

急に食欲が旺盛になるということも、ある面、糖尿病の症状の一つと捉えることも出来るかもしれません。

しかし、このような症状が必ず出ると言うわけではありません。

むしろ、初期の糖尿病は無症状だと考えるほうが良いです。

それ故に、病院であなたは糖尿病といわれて驚く人は多いのです。

重度の糖尿病だとしても、自覚症状が無いことが多いため、自分は大丈夫と安心している人が多いです。

糖尿病は、病気が始まって5〜7年ぐらいの年月が経ってからいろいろな症状、先の「のどが渇く」「体がだるい」「疲れやすい」 と言った症状を引き起こします。

もし症状に思いあたる点がありましたら、自身の健康チェックをおこなうことが大事ですね。

年一回の健康診断、人間ドックなどでの検診を怠らないようにすることも大切です。

健康は失ってから、その大切さが分かるというものです。

常日頃から身体の健康を気遣いながら、正しい食生活を送りたいものです。



糖尿病 血糖値

食事療法と糖尿病

糖尿病と言えば、生活習慣病として誰もが知っている病気です。

生活習慣病の多くが食事内容に関係していることが多いため、毎日たべている食事内容がどうであるかを見直す必要があります。

ですから、健康診断等で糖尿病と診断されて場合には、必ずと言って良いほど食事内容の改善である食事療法をすすめられます。

しかし、食事内容の改善と言っても日常の生活強度を無視した内容に変更するものではありません。

肉体労働が主な仕事である場合、当然自分にあった分量の食事があるわけでして、それを前提にして必要とするすべての栄養素をとるように工夫する必要があります。

食事療法というと、辛いイメージをもたれるかも知れません。

食事療法の基本は栄養素のバランスを考えて行うものが多いですから、家族と別内容というわけではありません。

自分の状況をよく鑑みて適度な量を家族と一緒に食べる工夫が必要ということです。

1日に食べる食事量のエネルギーについて、お医者さんから指示を受けて食事療法を勧めることになると思います。

基本的には<総エネルギー量 = 標準体重 × 仕事別消費カロリー>です。

エネルギー量の計算は、80kcalを1単位として計算する方法が簡単で一般的といえます。

下記のような糖尿病食事療法の書籍を参考にするとよいでしょう。


糖尿病食を発売している企業があります。

誰でも知っている企業のニチレイフーズの「糖尿病食 21食セット」などは、糖尿病の特別用途食品として厚生労働省に認可されていますね。

このような食品を活用されるのも良いですね。

例えば、おでん・白身魚の煮付け・肉じゃが・豚肉のしょうが煮・いか団子のあんかけ・チキンカレーセットなどといった全21食の糖尿病食がセットになっていたりします。

1食分に関しての栄養計算はしっかりとなされているメニューです。

手軽なレトルト食品でおいしくてヘルシーではありますが、新鮮さが欠けているのが難点でしょうか。

その他でも糖尿病食として、いくつかのメニューが販売されていますが、糖尿病食事療法のための食品交換表第6版等の書籍を参考にしていろいろ工夫してみるのもよいでしょう。

糖尿病の原因は様々ではありますが、その原因の一つに食事が関わっていることは確かでしょう。

普段の心がけ次第で避けれるのも、また生活習慣病と言われる糖尿病でもあるということです。



糖尿病 血糖値

糖尿病について、よく理解しましょう。

糖尿病に関してのデータとしまして、下記のようなものがあります。

日本国内の患者数は、40年前では約3万人でしたが、現在では700万人程度になるそうです。(厚生労働省2006年11月時の調査データ)

糖尿病の予備軍となりますと2000万人に上るとあり、今後更に増える傾向にあるそうです。

糖尿病の原因としましては、自己免疫の異常が重要な要因の一つとして上げられているそうですが、自己免疫の異常が起こる原因は、やはり食生活とストレスによるのではないでしょうか?

糖尿病とは、糖代謝の異常によって起こるとされていてます。

血液中のブドウ糖濃度が急激に高まる、すなわち血糖値の上昇により、いろいろな合併症を引き起こす大変に危険な病気なのです。

糖尿病の名前の由来は、尿中にブドウ糖が漏出し尿が甘くなる(尿糖)と言う症状が現れるので付けられたようです。

この症状は、一定以上の高血糖の場合に現われるのですが、そのような症状が現れるようであれば、かなり糖尿病が進んでいるとも言えます。

糖尿病と一口に言っても、いくつかのタイプがあります。

1型糖尿病、2型糖尿病、遺伝子異常、他の病気に投与される薬剤の副作用的なもの、妊娠糖尿病に、分類されています。

1型糖尿病は、膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊されることで、身体の中のインスリンの量が絶対的に不足することにより発症します。

多くは、子供のうちに始まり、小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病などと呼ばれていました。

2型糖尿病は、インスリンの出る量が少なくなって起こるものです。

肝臓や筋肉などの細胞が、インスリンの働きの悪化により、細胞の中にうまくブドウ糖が取り入れられなくなることによって、起こるものです。

原因としては、食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多いようです。

食生活が、和食から洋食系の油の多い食事をするようになったことが第一原因ではないでしょうか?

日本の糖尿病の95%以上は、この2型糖尿病のタイプだそうです。

1型糖尿病、2型糖尿病以外の糖尿病は、遺伝子の異常やほかの病気が原因となることが多いです。

例えば、遺伝子の異常、肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などが原因となって、糖尿病が引き起こされるようです。

また、薬剤が原因となる場合もあるのが、糖尿病の怖いところでもあります。

妊娠糖尿病は、妊娠中に発見された糖尿病のことで、新生児に合併症が出ることもあり、妊娠中の食事の偏りが原因だったりします。





Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。