頭痛 解消

偏頭痛の対応は、まず症状と原因を知ること

長年、偏頭痛に悩まされている私は、1週間のうち何日かは、必ず頭痛薬のお世話になります。

我慢できる時もあるのですが、どうしようもないときは、バッファリンに頼ってしまいます。

メール便でのご発送なら送料無料!!バファリンプラス 24錠頭痛などつらい痛み・熱に!

我慢できない偏頭痛について、いろいろと調べてみましたので、偏頭痛もちの方、参考にしてみてください。

偏頭痛というのは、頭の右か左の一方に日常生活が妨げられるほどの強い痛みがある頭痛のことを指して言います。

偏頭痛の原因として考えられているのは、ストレスやホルモン、血流の悪化などだと言われています。

私がお医者さんで診てもらった時は、血管の収縮を司る自律神経の働きが悪くて、頭痛を起こすのだと言われました。

偏頭痛持ちと言われる方の多くは、女性でして、更年期障害、月経前緊張症候群など、女性特有の病から来ることが多いと言われています。

偏頭痛の原因を医学的に解説してみますと、頭蓋内の血管が拡張する際に感覚器官を刺激するため、血管の炎症により起こった頭痛が脳の中枢まで達して発生したものとされてます。

その症状としては、片側姓で脈に伴って拍動性で痛みがあることが多く、強い頭痛で吐き気や嘔吐を伴うことも多いようです。

偏頭痛の種類による偏頭痛の原因症状を分類して見ました。

1.典型的偏頭痛の原因と症状
閃輝暗点という光が見えて、時間とともに大きくなるのが前兆です。
その光の中心部に暗点が見えたり、光の半分が見えなくなったりという症状が1分くらいで消失し、その後に心拍と一致する拍動性の頭痛が始まり、1時間くらいで頭痛が最大となり、数時間で改善されていくようです。

2.普通型偏頭痛の原因と症状
これと言った前兆といものはなく、中年女性にこの偏頭痛の症状が多い傾向にあります。
だいたいが心臓の拍動と同期するように頭痛が現れます。
頭痛が発生してからの経過が長く1日中続くこともあるなど、緊張型頭痛を合併することが多いようです。

3.群発性偏頭痛の原因と症状
20〜30歳代の男性に多く見られ、女性の約5倍の方がこの偏頭痛だといわれています。
片目がえぐられるような痛みが1時間程度続きますが、その後は改善され、頭痛の発生した側の眼の粘膜が赤くなり、涙・鼻水がでるなどの症状が見られます。
明け方に多く発生することが多いのも特徴です。

4.月経時偏頭痛の原因と症状
女性の月経時の前に起こる偏頭痛は、いわゆる偏頭痛とは異なり、原因が女性ホルモンの分泌量の変化によるものだと医学的に解っています。

上記の原因と症状の他にも、アルコールやチョコレートやチーズなどの食べ物でも偏頭痛が起こることもあり、偏頭痛を起こしやすい人は気をつける必要があります。

一般的に食べ物が偏頭痛の原因と症状を引き起こすことはあまりなく、他の要因を誘発することが多いとされています。

偏頭痛にもいろいろな症状と原因があるので、自分がどんな症状の偏頭痛であるかを理解しておけば、病院でお医者さんからの診療を受ける際に、役立つと思います。

また、人によって偏頭痛の原因が解り難く、思わぬところにその原因があったりしますので、見極めが難しいようです。
偏頭痛の原因がよくわからない人は、もしかしたら頸椎の歪みからくるものかも知れません。
こんな枕にしたら治ったと言う人もいます。

頭痛・肩こり・首のこり・頚椎の歪み・背骨のゆがみ鍼灸治療院で生まれた枕ですっきり軽く肩と...


冷え性 解消

冷え性の改善は食べ物から

冷え性の方にとって、春と秋は比較的過ごしやすいかと思いますが、夏と冬は、特に過ごしにくいので、対策に苦慮されることでしょう。

冬の季節は言わずと知れた寒さから、冷え性には大変にこたえると思います。

夏においては、気温も高く暑いので、冷たいものの飲みすぎとエアコンで冷えすぎとなり、冷え性の症状を悪化させます。

季節に関わらず普段の食事において、身体を冷やす食べ物を摂り過ぎていますと、冷え性は良くならないでしょう。

当然のことながら、冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎは、冷え性の原因になりますので控えなければなりません。

また、身体を冷やす食べ物の摂り過ぎにおいても、冷え性につながるので気をつけなければなりません。

冷え性の予防・改善をするためには、まず、身体を冷やす食べ物、身体を温める食べ物に、どんなものがあるのかをよく知り、上手にバランスを考えながら摂取することが大切なのです。

そこで、冷え性の予防・改善に関係する身体を温める食べ物、身体を冷やす食べ物、そしてビタミンEを多く含む食べ物について、ご紹介しますので参考にしてみてください。

<体を温める食べ物>
・ショウガ
・ニンニク
・ネギ
・根菜類(ゴボウ、ニンジン、山芋、レンコンなど)
・味噌、しょうゆ、塩

<体を冷やす食べ物>
・砂糖
・牛乳
・夏に採れる野菜や暖かい地方で採れる野菜(トマト、ナス、きゅうり、レタスなど)
・酢
・スナック菓子
・アイスクリーム
・清涼飲料水

<ビタミンEの食べ物>
ビタミンEは血行を促進する働きがあり、冷え性の改善に効果があります。
冷え性の予防には、毎日の食事のなかで適度にビタミンEを含む食品を取り入れることも大切です。
・カボチャ
・アボガド
・うなぎ
・ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ、松の実など)
ビタミンEをサプリメントで取るなら、こちらがオススメ

☆ 冷え性・血流改善に吸収のいいビタミンE剤ユンケルEナトール(240カプセル) 
冷え性の方が、身体を冷やす食べ物を摂ると、冷え性を悪化させるので、摂ってはいけないというものではありません。

身体を冷やす食べ物だからといって牛乳を飲まなかったり、夏野菜を食べなかったりすることは、栄養が偏ってしまい身体には好ましくありません。

身体を冷やす食べ物は、直接口にするのではなく、温めるなどの工夫をして摂るようにすれば、栄養をうまく摂れるようになります。

また、身体を冷やす食べ物を摂る時には、必ず一緒に身体を温める食べ物も組みあわせるなどして、バランスよく摂取するように心がけることで、栄養の偏りを防げて、冷え性にも効果があるのです。



冷え性 解消

冷え性改善には、足の指先の血流をよくする靴下

冷え性と一口に言っても、その症状にはいろいろあり、頭痛、めまい、手足のしびれ、胃のもたれ、疲労感、動悸、不眠など、とらえどころがない症状が現れます。

冷え性で一番困ることは、体温をはかってみても、特別に低いわけでもなく、血液や内臓を調べても異常はないのに、とにかく体調が優れないということですね。

その冷え性の大きな悩みの症状の一つに足の冷えと言うのがあります。

足の冷えの症状としては、足がなかなか温まらなくてよく眠れない、夏に足が冷えて辛い、いつも足先が冷たくて不快などと言ったもので、足の冷えの悩みはつきません。

そんな足の冷えにお悩みの人にオススメしたいのが、冷え性対策用の靴下なのです。

冷え性の人に特にオススメしたい靴下を、いくつかご紹介しようと思います。

<五本指靴下>
足の指一本一本に刺激を与えてくれる五本指靴下は、冷え性の人にオススメです。
普段、足の指は動かすことが少ないので、この五本指靴下を履くことで、指と指が離れて動かしやすくなり、指の間の汗も吸収しやすいので、汗による体温低下を防ぐことができ保温効果があり、足の指の蒸れや消臭にも繋がります。
標準的な五本指靴下

【送料無料・日本製】 指間を刺激して血行促進。「ウォーム5本指ソックス婦人 (2P入)」 贈り...
<発熱繊維サーモギア靴下>
自ら発熱する繊維として注目されている発熱繊維サーモギアの靴下は、履いているだけで足元がぽかぽかしてくるので、足の冷え性の人にとても効果的です。
また、発熱繊維サーモギア靴下の特性として、吸湿性にも優れていますので、蒸れたりして足元がベタベタになる心配もありません。

サーモギアトレッキングソックスグレー
<カプサイシン配合靴下>
ダイエットにも効果があり、細胞の新陳代謝を促進してくれるトウガラシの成分であるカブサイシン。
カプサイシンを生地に付着加工した靴下は、足先の血行促進の効果が期待でき、足がぽかぽかするので、冷え性の人にオススメの靴下です。

グレー “とうがらし成分カプサイシン付着加工”あたたかハイソックス22〜24
<トルマリン靴下>
トルマリン靴下は足裏のツボ部分にトルマリン鉱石をプリントして、マイナスイオンを
発生させて、足の冷え、むくみ、疲れ、臭いなどを軽減する働きが期待できます。

☆マイナスイオン・抗菌防臭・静電気防止 トルマリン配合「健康ソックス」オフホワイト(22〜2...

冷え性と言われる人の多くが、足の指先の血流をよくする靴下を履くだけで、冷え具合がだいぶ違い解消に繋がります。

冷え性でお悩みのあなた、靴下は血の巡りを良くするものを履いていますか?

靴下くらいで冷え性が解消されるならば、とても嬉しいですよね。
もし、あなたが冷え性で悩んでいるのなら、ちょっと靴下を見直してみてはいかがですか?

足にはいろいろなツボがあり、このツボを刺激するだけでも血の巡りがよくなり、冷え性改善に繋がりますので、足のツボを刺激する靴下を履いて冷え性を改善してみませんか?


冷え性 解消

冷え性対策グッズで、快適生活

冷え性で悩んでいらっしゃる方、何か対策をされていますか?
冷え性の自分の体質に合った対策と言うのは、なかなか難しいかもしれません。

冷え性に悩んでいる人のほとんどは、入浴や運動、ストレッチなどを取り入れてる事と思います。
それらと同時に、便利な冷え性グッズも取り入れることも、冷え性対策として効果があります。

冷え性で悩む人のために、冷え性対策としてのグッズをいろいろと調べてみましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

<靴下>
冷え性対策のポイントの一つして、足が冷えないようにするための保温性の高い靴下を履くことが大切だと言えます。
冷え性対策の靴下を選ぶポイントとしては、足を締め付けないこと、通気性・保温性に優れていることなどが上げられます。
ファルケ ウォーキーの冷え性対策の靴下は、靴下に右用と左用の目印があり、ウールの王様と言われるメリノウールを使用しているのが特徴です。

人間工学に基づいたドイツ生まれの靴下FALKE Walkie ファルケ ウォーキー【冷え性】の人に特に...
自宅専用と言う感じの五本指ソックスも、足の指が動かしやすくなり、刺激を与えてくれるので、冷え性の人にオススメです。

人気のシルク100%!!足ムレ予防・筋肉疲労軽減・冷え性改善!!【メール便対応!(3足まで)】=婦人...
寝る時に靴下を履くのが習慣となっている人は、足を締め付けない冷え性用の靴下が良いです。
通常の靴下を履いて寝ると足が締め付けられますので、足の指先への血液の流れが悪くなったり、体温調節を狂わせてしまうことがあるので、注意が必要です。

<腹巻>
お腹や腰を冷えから守ることができる腹巻をすることが、冷え性対策になります。
シンプルで、ゲルマニウムの効果が期待できる腹巻がお勧めです。

メール便なら送料無料!人気のゲルマニウム腹巻き【ゲルマ・ウェーブパワフル腹巻・女性用】(...
最近は、薄くて着けていても違和感のないものや、可愛いデザインの腹巻が増えているようなので、お出かけの際にも使える腹巻があります。
スタイルを考えると、できれば、薄くて保温効果の高いものがオススメとなります。
冷え性対策にも良く、ダイエットも兼ねたインナーも良いでしょう。

<レッグウォーマー>
夏場の冷房で足が冷えて辛いという人には、レッグウォーマーがオススメです。

デスク下で大活躍のあったかグッズ♪シルクのあったかレッグウォーマーこちらは1足売り【52cmロ...
レッグウォーマーを選ぶ際も、靴下同様になるべく締め付けのゆるいもので、血液の流れを妨げないようにしているのが良いですね。
お出かけ先やオフィスでも使えるように、デザインもオシャレな感じなものが良いでしょう。

【送料無料】脅威の15週連続ランキング第一位!レッグウォーマーXレギンスのコラボ▲完売900枚...
また、夜寒くて眠れない人も冷え性用のレッグウォーマーと靴下のコラボで着用してみてはいかがでしょうか?

冷え性対策グッズを普段の生活の中に上手く取り入れることで、冷えの具合がだいぶ違いますので、うまく利用しましょう。
冷え性対策グッズとして、上記挙げたものの他にも、通気性がよく保温性のある下着、肘サポーター、お風呂に入れる入浴剤など、いろいろありますので、自分の冷えの症状に合わせて利用するのが良いですね。

冷え性対策グッズを上手く活用して、冷えから身体を守るようにして、快適な生活を送りましょう。

冷え性対策グッズと合わせて、薬用養命酒などの漢方薬も服用してみるのはいかがでしょうか?
身体の内側から体質改善することも、冷え性対策には大切です。


冷え性 解消

冷え性対策をしっかりして夏も冬も快適に過ごしましょう

冷え性になる季節と言えば、冬はもちろんのこと、夏もかなり冷え性の症状が出る季節なんですよね。

春とか秋の季節は、比較的過ごしやすい季節のため、温度差による身体に負担が少ないことから、冷え性の人でも過ごしやすい季節だと言えます。

暑い夏と寒い冬が冷え性の症状が出やすいのは、冷暖房の使用が多く室内と室外との気温差も激しいので、身体の血流が気温差についていかなくて冷え性となって表われる季節なのです。

そんな夏と冬を快適に過ごすため、冷え性対策を調べてみました

<夏の冷え性対策>
夏は暑いから冷え性の人にとって過ごしやすいのではと勘違いしていませんか?
夏は外は暑いのに室内や電車内、車内などいたるところで冷房を効かせています。
そのおかげで、外と部屋の中の温度差が激しく、身体のリズムが狂い血の巡りが悪くなるので、冷え性となりやすいのです。

・シャワーだけにするのではなく、湯船に浸かって身体を温めるようにすること。
湯船にゆっくりと浸かる入浴は身体全体の血流を良くするだけでなく、リラックス効果もあり、ストレスも取れて安眠につながります。
冷え性のために不眠で悩んでいる人は面倒でも毎日入浴して、心地よい汗を流すようにして身体を温めるように心がけましょう。
入浴剤を使用すると更に冷え性に効果的

・身体を温める飲み物、食べ物を摂るようにすること。
夏の暑さから冷たい飲み物や食べ物ばかり多く摂りがちとなり、身体を冷やしてしまいます。
冷たいものはほどほどにして、なるべく身体が温かくなるようなものを摂取するようにすることが大切です。
また、栄養バランスのよい食事をできる限り心がけましょう。
その他、ニンニク、唐辛子、ネギ、ショウガなど、身体を温めてくれる食材を適度に摂取することで、冷え性に効果があります。

・適度な運動で汗を流すようにすること。
適度な運動は新陳代謝を良くし、血流をよくしますので冷え性の予防に効果的だといえます。
紫外線などが多く、熱中症も怖いので、外での運動よりは、室内プールで泳ぐという方法もいかがでしょうか。
また、寝る前に軽くストレッチするだけでも、かなり血流をよくする効果がありますので、試して見ると良いと思います。

<冬の冷え性対策>
冬も夏同様に毎日のしっかりとした入浴、栄養バランスのよい食事、適度に汗をかく運動を心がけることで、冷え性を改善することができます。
上記の夏の冷え性対策のほか、冬の冷え性対策について、いくつかご紹介したいと思います。

・腹巻をうまく活用すること。
以外かと思いますが腹巻をつけるだけで、身体の冷えがだいぶ軽減されるのです。
今は遠赤外線効果が高い腹巻やゲルマニウム入り腹巻などいろいろと種類も豊富に販売されていますので、お気に入りの腹巻を買って冷えから身体を守りましょう。

【送料無料】ポッコリお腹、冷え性が気になる方へ!ゲルマニウム含有、高級繊維使用腹巻!ゲルマ...
・睡眠時の靴下着用に注意すること
冷え性の人は特に足先が冷たくて眠れないことが多いと思います。
それを防ぐ為にと靴下を履く人がいますが、通常の靴下を履いて寝ると足が締め付けられ血液の流れが悪くなったり、体温調節を狂わせてしまうため冷え性には逆効果となってしまいます。
冷え性用の靴下を着用するようにしたほうが良いでしょう。

ダイエットも兼ねての冷え性対策インナーウェアー

サプリメントや冷え性改善の薬などもありますが、冷え性は毎日のちょっとした対策でも予防や改善をすることが十分にできます。
あなたも今日から冷え性対策をしてみてはいかがですか?

個人的にお勧めなのは、冬の冷え性対策としての腹巻です。
夏でも腹巻をすることで、お腹の冷えを防ぎますから、寝冷えなどにも良いです。


冷え性 解消

誰にでもできる冷え性の解消方法、ツボ押しとシンプル体操

女性の大敵は、なんと言っても冷え性ではないでしょうか?
身体のどこかが悪いと言うわけでもなく、病気と言えるほど病気ではないにしても、この冷え性は、年がら年中、女性を悩まし続けています。

夏でも手足が冷えて不快に感じ、身体が温まらなくて夜よく眠れない、冷え性のおかげで生理痛がひどい。
これらのような冷え性が原因で、いろいろと悩んでいる人は多いことでしょう。

身体を冷やす食事を取り続けてきたことが、冷え性の原因であると言う方もいらっしゃいますが、はっきりとした原因と言うのは分かりにくいようでもあります。

この冷え性が解消されれば、もっと毎日が快適に過ごせるはずですね。

そこで、冷え性について調べまして、手軽にできる冷え性の解消法を見つけましたので、いくつかご紹介したいと思います。

<冷え性解消のツボ>
・三陰交(さんいんこう)
内側のくるぶしの頂点から指3本分くらいの上のところにあるツボで、親指でツボを5秒ほど押してから離すことを、数回繰り返すようにします。
三陰交は冷え性だけでなく生理不順にも関係するツボなので、試してみてください。

・湧泉(ゆうせん)
足の裏側の土踏まずの中央より少し指のほうにありまして、親指でツボを5秒ほど押して離すことを数回繰り返します。

ツボを押すのは手軽なことですが、毎日続けることが必要で、だいたい3週間くらいが目安だと言われています。
習慣となると更にその効果も出ることでしょう。

<冷え性解消シンプル体操>
・グーパー体操
まず仰向けに寝て、それから足の指をギューッと内側に曲げて、次に広げてパーの状態にし、このグーパーを繰り返し行うようにします。
手も足と同じようにグーパーを繰り返し行なうようにしてください。
手足共にグーパーを繰り返すことで、手足の先まで血液の循環がよくなり手足の冷えの解消につながります。
手足のグーパーが上手くできない人は、足首や手首の曲げ運動を繰り返すだけでもだいぶ効果がありますので、試して見ると良いでしょう。

・バタ足体操
仰向けに寝て、膝を伸ばし、足の付け根から足全体を上下にゆっくりと動かします。
(水泳をする時のようなバタ足の感じにすることです。)

シンプル体操もツボを押すのと同様で、体操をしてすぐに冷え性が解消されると言うわけではなく、最低でも3週間くらいは続けないと効果のほどは、分かりにくいでしょう。

冷え性に悩んでいる貴女。
仕事の合間のちょっとした空いた時間を利用して冷え性に効くツボを押してみるとか、寝る前などの簡単な運動として冷え性解消の体操をしてみてはいかがですか?

僅かなことですが、毎日続けることが冷え性解消に効果があります。
ツボを押したり、シンプル体操をしたりすることは、体質改善でもありますので、漢方薬のようにじっくりと冷え性解消に効き目が出てくる感じだということです。


冷え性 解消

冷え性は、女性の敵

女性の多くの方は、冷え性に悩まされていると思います。
仕事柄、食事が不規則で偏りがちな方や、運動不足の方は、冷え性でお困りではないでしょうか?

冷え性の症状として、手足が冷えてよく眠れない、身体に不快な痛みを伴ったり、肩こりがひどく集中できない、生理痛がひどくなって動くのも大変であるなど、さまざまなマイナスをもたらし困りものです。

冷え性のおかげで、夏や冬の季節は特に快適に過ごすことが難しく、いつも気持ちがすっきりしないと悩んでいる女性は多いことでしょう。

また、冬の寒い時に、身体が温まらずいつもよく眠れなくて、せっかく寝てもしばらくすると目覚めてしまうという人も多いでしょう。

快適に毎日を過ごせないのは、冷え性が改善されないからだと思っているあなたへ。

冷え性改善は難しいと思っているあなた、少し勇気を出して、冷え性改善を目指し、ちょっと頑張ってみませんか?

冷え性改善方法について調べてみましたので、少しご紹介したいと思います。

1.バランスのよい食事を取るように心がける
バランスのよい食事を取ることは、大切なことで冷え性改善に欠かせないことです。
身体に負担となるようなダイエットは冷え性を招いたり、悪化させたりする原因となるので、なるべく無理の無いダイエットを心がけることです。
身体を温めてくれる食品(しょうが、ネギ、ニンニクなど)を適度に摂取することも大切です。

2.湯船にしっかりと浸かって体を温める
一人暮らしの場合に、お湯をはることが面倒だからといって、湯船につからずシャワーだけで入浴を済ませている人が多いですが、できる限り止めましょう。
湯船に浸かることで血流がよくなりますし、冷え改善につながりますので、できるだけ湯船につかるように心がけましょう。
お湯の温度は高く設定せず、ややぬるめ(40度前後)である程度時間をかけてゆっくりと浸かるようにして、汗を掻くようにしましょう。

3.就寝前にストレッチをする
適度な運動は、冷え性改善に大いに役に立ちます。
しかし、運動するのは苦手だと言う人や、仕事が忙しくて時間がないという人は寝る前に軽いストレッチをするだけでも良いですから、実践してみてください。
ストレッチをすることで、手足の先の血流がよくなり、身体が温まり寝つきがよくなります。

4.腹式呼吸を身につける
以外かも知れませんが、呼吸に気をつけるだけでも冷え性改善につながるのです。
特に腹式呼吸をすることにより、しっかりと身体の中に酸素を取り込み、血流をよくすることができます。
また、腹式呼吸の深呼吸などをすることで、リラックス効果も出てきます。

5.冷え性対策グッズを上手く活用する
保温性のある下着や腹巻(例えば遠赤外線が出る)などを着用し、なるべく身体が冷えないようにしましょう。
特に若い女性は、寒い時でもオシャレのためにと言って薄着をしがちなので、冷え性には良くありません。
オシャレも工夫してみましょう。

冷え性の改善方法を上げてみましたが、何はともあれ実践と持続することが大切になると思います。
2,3日とか言うのではなく、最低一ヶ月くらいは継続することで、だいぶ違ってきます。
もちろん、サプリメントなどの摂取もありですが、何事も継続し続けることが大切になってきます。


冷え性 解消

冷え性は生活習慣が原因となっている

女性の多くの方が「冷え性でつらい」「私、冷え性なんです」とおっしゃるのですが、いろいろと良く話を聞いてみると、普段の生活習慣が原因で冷え性を招いている場合が多いようです。

手足が冷えてつらい、冷えからくる肩こりや腰痛でつらい、足が冷たくて夜よく眠れないなど冷え性で悩んでいる人の多くは、元々冷え性なのではなくて、冷え性になりやすい生活をしているようなのです。

それ故に、自分自身の自覚症状はないけれども実は冷え性であると言う隠れ冷え性の人も少なくないようなのです。

冷え性は一般的に男性にはなく、女性に多く見られものであり、多くの女性が冷え性で悩み困っています。

冷え性というのは、その言葉通り、冷えやすい体質のことを指すのですが、エアコンや暖房の使用が一般化している現在、冷え性は生活習慣病ともいえるようです。

そんな女性の敵である冷え性なのですが、具体的にはどんな症状があるのかご存知でしょうか?

冷えの症状は、人によりさまざまで実に多くの症状があるので、ここで冷え性の症状について少しご紹介したいと思います。

<冷え性の症状>
・手足が部分的に冷える
・顔が異常にほてる
・足がむくむ
・腰、首、肩などが冷える
・布団に入っても体が温まらずよく眠れない
・頭痛や腰痛がある
・肩こりがひどい
・貧血である
・めまいや動悸がする
・生理不順である
・生理痛やひどい
・トイレが近い
・イライラする
・体調を崩しやすく、よく風邪を引く
・吹き出物や肌荒れがひどい

どうでしょうか、たくさんの症状がありますが、いくつか当てはまるものがありましたでしょうか?

冷え性というのは単に手足が冷えるというだけでなく、ホルモンバランスや胃腸機能、甲状腺機能とも密接に関わっているので、大概は、上記の症状が単発であるだけでなく複数重なり合ったりするものです。

昔から冷え性だから手足の冷えはしかたがない、よく眠れないのはしかたがないなどとあきらめずに、冷え性を改善して健康な身体を取り戻しましょう。

冷え性が、生活習慣病であるというのは、例えば、流行りのローライズのデニムや締め付ける下着、足に合わない靴など、血行を悪くするような服を着ていたりしている人は、大概、冷え性の方が多いのです。

その他、喫煙などは、手足の末端のひえを招きますので、禁煙をするなどの心がけ一つで随分改善される可能性があるようなのです。

冷え性とは、さよならして快適な暮らしをしたいですね。


普通のOLが自宅で無理なくむくみ取り!YUKINO式リンパケアでいつの間にか脚痩せ・・・3ステップOL美脚術【DVD】 リンパマッサージ、フットケア、冷え性、下半身痩せ

婦人病 漢方

婦人病は身体のバランスを考慮した漢方で

婦人病は、女性にとっては避けては通れない病といっても過言ではないでしょう。
大なり小なり、婦人病に掛かったことのある人のほうが多いと思いますし、場合によっては、それで命を落とすこともあり、やはり早期の検診を受けることが大切だと思います。
何かと厄介な婦人病ですが、その中でも婦人病として最も多い婦人病が、「子宮筋腫」なのだそうです。

テレビの情報番組などでも取り上げられる乳がんも多いのですが、子宮筋腫はもっと多いようです。

子宮は西洋なしのような形をした臓器なのですが、上部の3分の2を「子宮体部」、下3分の1を「子宮頸部」と呼ばれています。

子宮の殆どは子宮内膜で覆われているのだそうですが、その子宮の筋肉層の中の細胞が異常に増殖することによる良性の腫瘍が、子宮筋腫なのだそうです。

婦人病の中で、最もよくある病気であり、30〜40歳代の女性に多く見られ、出産がほぼ終わる世代と重なっているようです。

この子宮筋腫なんですが、大きいものも小さいものもあり、その大きさは様々で、1つであったり複数であったりします。

小さなものを子宮筋腫として含めると、女性の約半数にできるといわれるほどに、本当に多い婦人病なのです。

ところで、子宮筋腫ができる原因なのですが、女性ホルモンであるエストロゲンが深く関わっているのだそうです。

また婦人病の代表的な病としての子宮筋腫や子宮内膜症等もいろいろと知られていますが、これらの婦人病に関する漢方薬の考え方は、基本的に血流障害であると判断しているのだそうです。

漢方では、血流障害を「於血」の現れとしており、まずはこの於血を取り除くことが子宮筋腫や子宮内膜症を治療するのに効果があるとされています。

また、漢方で「於血」に効果があるとされる「冠元顆粒」は、血液の流れをスムーズにする働きがある為、子宮筋腫や子宮内膜症の処方箋として使われます。

また、ホルモンバランスの乱れも婦人病の原因の一つだと言われています。

漢方ではこれらの治療薬に、ホルモンバランスを維持する「腎」を整える「八味地黄丸」、「瓊玉膏」等を処方するようです。

その他の婦人病として、女性にとって最も関心の高い症状の月経痛等にも、漢方薬には適切な処方薬がありますので、身体のバランスを考慮する漢方を試してみるのも良いかと思います。

また、漢方の考え方の基本としまして、生活習慣を見直すことも視野に入れるべきであるとしていますので、強引な治療をするものではないので、デリケートな女性の身体には、漢方の考え方の方が良いとも言えるでしょう。

女性にとっての大敵である「冷え」に注意したり、北方系の野菜ばかりを摂らないように等の注意も考えるべきでしょう。

デリケートに出来ている女性の身体ですから、身体のバランスを特に考慮する漢方を婦人病の治療に取り入れることは、とてもよいことだと思います。
悪いものは摘出さえすれば良いと考えるのは早計過ぎる面もあり、自分自身の身体の体質や生活習慣等もしっかりと考慮して、対応すべきなのが婦人病であるともいえます。


婦人病 検診

婦人病チェッカーで婦人病の早期発見を

女性特有の病気である婦人病は、本人にしか分からないことが多いので、婦人病専門の医師に相談するとか、定期検診をなるべく受けることをオススメします。
定期検診に行く暇のない方であれば、簡単なチェックをするだけでも発見できることもあるようですから、面倒がらずにやりましょう。

婦人病というのは、通常の生活や生理の中では、なかなか見つけ出すことが難しいものなので、ある程度時間をとって、検診をすることですね。

婦人病は女性の複雑な生理状態の中に潜んでいるので、普段からの注意や専門医の検診などによって、婦人病であることが分かったりするものなのです
ですから、定期的な検診をすることが重要になってくるわけです。

検診が大切なのは分かるのですが、婦人病を心配して検診をたびたび受けるわけにも行きません。
そこで、婦人病を通常のちょっとしたチェックを行うことにより、婦人病の前兆を見つけることもできるようになってきているので、利用したいものです。

特に女性の場合は、月経という定期的な生理現象があります。
この月経の前後でホルモンの分泌や身体・精神状態も不安定になりやすいですから、その状況を含めてポイントを十分にチェックすることで、婦人病の前兆であるか否かをある程度判断できると言うわけです。

この婦人病をチェックするためのポイントとして、「婦人病チェッカー」という、Webステップがあります。

この婦人病チェッカーは、下記の様な16の設問からなっています。
1.生理痛がひどい(強い腹痛・腰痛、寝込むぐらいである)
2.おりものの量が異常に多い、黄色がかった色で臭いが強い
3.乳房に""えくぼ”がある、または乳糖が陥没している
4.外因部に激しい痒みがある
5.生理不順である
6.乳房にしこりがある(乳腺ではない)
7.外因部の回りにただれがある
8.避妊をしない普通の性生活で、約2年間妊娠しない
9.生理の際に冷や汗をかいたり、脳貧血を起こすことがある
10.生理時の出血が多い(例えば普通のナプキンを30分置きに取り替えるなど)
11.生理時にウズラの卵状の血のかたまりが頻繁にでる
12.排尿時に外因部がひりひりしてしみる、痛がゆい
13.腹部にしこりがある
14.乳頭部から分泌物(ウミのような白っぽいものや血液など)や血液などが出る
15.血液検査で貧血を指摘されたことがある
16.不正出血がある

上記のチェックに対してYes・Noで入力することで、ある程度の可能性を予見してくれるので、チェックしてみてください。

婦人病は早期発見が大切です。
定期健診が難しければ、婦人病チェッカーなどにて自分でチェックしてみるようにして見ましょう。
婦人病チェッカーのサイトとしまして、下記のサイトでチェックが出来ますので、利用してみましょう。
http://www.esampo.com/health/women/index.html


<<前の10件  1 2 3 4  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。