成人病センター

成人病センターの設立は県立、市立、医師会など様々

皆さんも良く耳にするかと思いますが、成人病と言いましてもいろいろな病気がありますが、その中でも特に3大成人病は、死亡率も高く病気になられる方が大変多いですね。
成人病は生活習慣病などとも言われ、食生活の偏りや社会におけるストレスが大きな原因であるといわれています。

成人病に掛からない為にも、普段から生活がなるべく不規則にならないように気をつけなければいけないですね。
ところで、3大成人病と言われる疾患は、脳卒中、がん、心臓病で、成人病の患者さんの死因の6割が、この3大成人病で亡くなられています。

疾患の予防には、やはり検診による早期発見、早期治療が最も大切であり、末期近くになってからでは、仮に治療がうまくいったとしても何らかの後遺症が残る場合がほとんどです。
それゆえに、全国に成人病センターはいくつもありますので、定期的な検診を受けることで、予防につながるかと思います。

各都道府県での設立や、市立の設立であるもの、他には、全国では、医師会による成人病センターも存在しており、検診を受けられやすくなってますのでなるべくお薦めいたします。

一般的には、成人病センターというのは知られてないところもありますが、一般検診や健康診断、企業検診、人間ドックなどで、日々、地域の人々の健康維持に貢献していますので、安心して検診が受けられます。

例としてあげますと、大阪府立の成人病を専門に研究・診察している施設として、正式名称、<地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪府立成人病センター>という病院がありますが、設立は昭和34年で歴史もあり先端医療体制や研究も充実しており、大阪府在住の方々の成人病治療に貢献してます。

また、市立の規模としての成人病センターとしては、<つがる市立成人病センター>などが、地域の医療充実として成人病治療に取り組んでいます。
つがる市立成人病センターは、もともとは旧木造町に木造町立成人病センターとして開院し、平成17年2月の市町村合併に伴い、現在の成人病センターとして、新たに誕生したわけです。

この成人病センターは、成人病の早期発見・治療を目的とした地域医療センターとしての位置づけで、当センターだけでは困難と判断される場合、県立中央病院やその他の協力病院との連携を基に迅速な対応を心がけています。

つがる市を診療圏とした地域に密着した病院として、集団検診の精査、人間ドック、生活習慣病に対する予防医療等に取り組み、地域住民からの信頼も厚く大きな成果を上げています。

また、社団法人松山市医師会が運営する診療所として、<松山成人病センター診療所>という施設があります。
医師会が運営する診療所なので、県立、市立とはまた違った地域医療としての成人病センターといえるでしょう。

松山成人病センター診療所では、市民のための健康診断、企業検診、人間ドック等を行っていて、大正14年の病理細菌検査所設置がセンターの前身であり、非常に歴史があり信頼の高い成人病センターです。

上記の成人病センターの他にも、インターネット上で、さまざまな機関がホームページを開いていますから、まずはご自分の住んでいるところに近い成人病センターから調べてみるとよいかと思います。

ちなみに、上記の成人病センターについてのHPアドレスを載せておきますので、参考にしてみてください。
なお、ほとんどのセンターにおいても医師・看護師不足が深刻なようで、医師・看護師の募集をしており本当に大変だと思います。

成人病センターにもそれぞれ特徴がありますので、うまくご利用していただけると幸いかと思います。

大阪府立成人病センター
  http://www.mc.pref.osaka.jp/

つがる市立成人病センター
  http://www.city.tsugaru.aomori.jp/seijinbyou/index.html

松山成人病センター診療所
  http://www1.ehime.med.or.jp/mma/center/

成人病 生活習慣病

成人病とは生活習慣病である。

成人病と言う言葉は良く耳にしますが、実際に成人病としてどんなものがあるのでしょうか?
成人病と言う病気はありませんので、簡単に言えば、成人がなる病気と言うことになるのですが、成人病という呼び方、そして捉え方は、「主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め、40〜60歳くらいの働き盛りに多い疾病」として、行政的に提唱されたものが成人病と言うことですね。

[がん],[脳卒中],[心臓病]は「3大成人病」とされ、集団検診による早期発見、早期治療の体制が、厚生省を中心とした医療機関で進められました。

一般的に言えば、中高年がかかりやすい病気として考えられたために、成人病(せいじんびょう)と呼ばれたと言うわけですね。

しかし、近年の食生活や生活習慣の変化は、厚生省が想定していない子どもが、成人病の一つと言われている糖尿病を発症するというようなケースも出てきました。

そのような、残念ながら“子どもの成人病”が年々増加傾向にあることから、病気の原因には、年齢を問わず、日常の運動不足や偏食などによる生活習慣の影響が大きいことが判明してきたのです。

そこで、1996年(平成8年)、厚生大臣の諮問機関である公衆衛生審議会「成人病難病対策部会」は、従来の「成人病」に代わる名称として、「生活習慣病」を導入することを具申し、これにより「成人病」から「生活習慣病」へと名称変更が決定され、一般に定着した呼称となりました。

「生活習慣病」の定義をご存知でしょうか?
「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と言うのがその定義となっています。

「生活習慣病」と改められた理由としては、いわゆる成人病などと言われている病気の原因を作らぬよう、日頃の生活習慣を見直し、予防・改善していきましょうと言うことで、これらの啓蒙の意味合いも含まれているということなのです。

成人病が必ずしも成人の不摂生からなるばかりでなく、根底にあることが成人に関わらず食生活の偏食、運動不足などによるもので、老若男女だれでもその可能性があり、生活習慣病として更に拡大解釈したものですね。
生活習慣病は欧米では大きな問題となっていて、日本においても食生活などの欧米化は顕著であり、大きな問題となっています。

プライバシーポリシー

本ウェブサイトのプライバシーポリシー

本ウェブサイトのプライバシーポリシー

クッキーおよびWebビーコンについて

本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。
当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。
利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。
本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。
掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

クッキーの無効化と有効化

ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。

<<前の10件  1 2 3 4  



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。